和食器の販売 おとなの和食器屋 ガラス食器や引き出物も通販で
【おとなの和食器屋】少しだけ贅沢な和食器店 ガラス食器もあります。 〜少しだけ贅沢な和食器の通販店です〜
おとなの和食器屋TOP  お支払い方法や送料などのご案内
お問い合わせ・お申し込みフリーダイアル   お客様のお声
白い和食器 赤い和食器 緑の和食器 土味の和食器
大 皿 中皿・長皿 小 皿 飯 碗 急 須 グラタン皿 酒器やお重など 醤油注し ガラス食器
大 鉢 中鉢・丼 小 鉢 カップ 湯呑み スープ皿 スプーンやフォーク テーブル小物 インテリアなど

和食器屋 店主の「ぐうたら日記」バックナンバー
2003〜2004年

《7/9 曇りときどき晴れ》
『お宅の刃物はお元気ですかぁ〜。 刃物の砥ぎ屋でございます。』 雨上がりに聞こえてくるおじさんの声。 ン〜なかなか叙緒があるなあ。 「怖いわよ、だって誰だかわからないし、刃物でしょ。」と女将。 そうかーと、納得してしまうところに、現代の悲しさがあるような気がします。

《7/11 雨のち時々どしゃぶり》
高江さんが来た。 あの竹工芸界のスターが遂に来た。  京都などの卸屋さんからやってくるこの手の竹籠のほとんどが輸入物であることを、消費者の皆さんは知らない。知らないどころか、売るほうも買うほうも「日本製」と信じて扱っている「○○斎」なんて名前が付いていればなおさら信じてしまう。 そんな現状に胸を痛めながら、高江さんとその仲間たちは、今日も明日も「本物」を愚直なまでに作りつづける。  拍手!


《7/14 曇り時々久しぶりの晴れ》
最近アクセスしてくださる方が、多くなってきた。 早いとこ、商品のコンテンツとやらを増やさなくっちゃ。 義務感が出てくると「ぐうたら」の虫がうずき始める。 いや「ちんたら」の虫か。早いとこなんとかしねえと皆さんから無視されるぞって洒落飛ばしてる場合か。  まもなく全作品に「買い物かご」つけます。 しばしお待ちを。


《7/16 曇りのち晴れ、たまに快晴》
 朝から女将は、掃除と布団干しに精を出している。 長く陽光に飢えていたから、心なしか街行く人も笑顔で歩いているよう。 晴れた日は、外を歩いたほうがいい。 息をいっぱい吸い込んで「私はわたしだっ」と心の中で叫んでみるといい。 胸がスッーとするから。 だって、あなたは、あなたなんだから・・・・・。


《7/19 曇りのち晴れ、嬉しい「はれっ!」》
やっと晴れたと思ったら、ヴ〜やっぱり暑い、松井選手がホームランを打つところを見ちゃったもんだから益々暑いっ。 こんなときは、広告で見た、あのビールのサーバーで、シュワッ・ゴクッ・髭についた泡を溜息と供に拭いたい。 PCのサーバーなんかより、ビールサーバー。 今からこんなんでどうする。


《7/23 くもり まるで亜熱帯》
はぁ〜そうめんが食べたいけれど、それほどまでに暑くはない。 でも、熱いうどんなんて、とんでもない。 そんな時には、冷やし中華に限る。 それも酢を目いっぱいにきかしたのがうまい。 それに黄色い辛子を混ぜて、ヒイヒイ言いながら涙とくしゃみとセキしながら、「んまい!」と唸りながら食べると元気がでる。 のは私だけ?


《7/25 くもりのち時々雨それから晴れ 》
何となく、梅雨明けも近く感じる。 これだけ雨が続くと、久しぶりの晴れ間に少し幸せな気分になる。 人生と同じである。 子供達はキャンプだっ、合宿だ〜と忙しく、女将は子供の世話と布団干しと掃除で忙しい。 何となく取り残されたような疎外感を覚える。 まあいいか、ぐうたらで行こうよネ、ぐうたらで。!!


《7/28 くもり時々薄日の晴れ》
暑いといっても、やはり好きなラーメンだけは、週一回は食べる。 インスタント(要冷蔵)なら麺は東洋水産のが、スープは日清の「行列のできる〜」シリーズが美味い。 豚骨系のラーメンはインスタントに勝ち目はない(本物には逆立ちしても勝てない)今のところ。 あなたのご意見は?

《8/11 くもりのちどしゃしゃぶり》
PCのちょっとしたトラブルで、更新がおくれました、やっとお客様にご返事メールを入れたところです。 ごめんなさい。 水泡小鉢、残りわずかです。 不足分はご予約というかたちで承ります。今年の東北は梅雨明けがなかったそうで、何ともすっきりしませんね。 こんな時はスキッとビールでいきたいですね〜。 

《9/8 猛暑晴れ、一時くもり》
もともと飽きっぽい性格なので、2月と9月は嫌いだ。 寒いのと暑いのに飽き飽きしてくるのがこのふたつの月。 特に今月はまいった。 今日来店した靴屋さんがこぼしてた。「なんで、汗だらだら流しながらブーツ売んなきゃなんないの?」
「秋がきて、秋物売れる、当たりまえ」
お後がよろしいようで。


《9/16 小さい秋晴れ、一時くもり》
このあいだ、医者の待合室で聞いた老婦人同士の会話。  「この頃、物忘れがひどくてねえ、2階に上がったら何しにきたかわからなくなって。」 エッウソ!俺もそうだ。 オレマダ40代なのに・・・。 「あんた、まだよかよ。あたしゃ冷蔵庫開けたらそうなるもん。」 ヨカッタ。 オレそこまではいっていない。何故かホッとす・・・・・していいのか!?

《9/22 秋晴れ、ずっ〜と晴れ》
建設不況のせいか、最近リフォームばやりで週末の新聞チラシもその手の業者の広告が多い。 「またリフォーム?我が家には縁がない話やね〜」と女将。 「ムネとオシリのリフォームができたらいいのにねえヘヘ」と新聞持ってトイレに行こうとする私。  フッフッフ、決まったぜいまのブラックジョーク・・・・と、女将の切り返し「お腹と、その下もね!!!」 グサッ・グサッ、やられたっ当たってる。 言わなきゃヨカッタ。

《10/25 秋晴れ 寒い》
我が家のテーブルの炉の中では、早くも鍋がグツグツじゃなかった、鍋の中で豆腐がグツグツと踊っている。 南米産あたりの安い辛口白ワインが、結構合います。 酸味はもちろん柚子、柚子が良いですねえ。 お鍋の友、片口鉢アップしました。 トップ画面からどうぞ。

《10/30 しつこい晴れ》
〜お客さんとの会話〜
お客様: テーブル買いたいけど、古いやつ捨てないとねえ。
わたし: 任せなさい!古い家具引取りサービスも致します。
      使えるものはリサイクルします。
お客様: 古いおとうちゃんはダメ〜? リサイクル。  
わたし :  ・・・・・・・。      

《11/7 晴れ いわし雲》
素敵なガラスの灯りありま〜す、もうすぐ掲載しますねえ。
とメールしてから早2ヶ月、すいませんぐうたらで。 言い訳
にもならない。 コ・コ今月いっぱい待ってください! 
かか必ずお支払じゃなかった、掲載しますから。 
お客様の無言が怖い?

《11/14 晴れ 少しだけ雲》
まもなく登場!!・・・で、登場しないのは何故? ( ̄ヘ ̄+)
というお叱りをいただきました。 言い訳 その壱:女将が難癖つけるので気が弱い私は凹む。 その弐:来店したお客様に、人の良い私は情にほだされてつい渡してしまう。 または女将が勝手に渡してしまうが、優しい私は何も言わない(言えない、本当は)  その参:単にぐうたらなだけ。 すみません・・・・・。
「かいらぎ急須桜の持ち手」「織部陶重箱」新登場 

《11/27 雨》
久しぶりに雨が降ると,何となくホッとする。窓の外を見て、チェ!と舌打ちするのではなく、「アラ、雨」と、心で受け入れる感性。これが日本のすばらしい文化のひとつなんだと思ってるんだけど。  あなたは如何ですか。
たまには、まじめな話もいいんじゃない!
「ペンダントライト コスモ」ようやく登場です。 ハイ。 

《12/2 何となく晴れ》
20代の頃、1ヶ月ほどヨーロッパに滞在した事があったのですが、和食を全く食べなくてもゼーンゼン平気でした。 今は、2日持ちません。 人間は歳をとるごとに、保守的になってくるのかもしれませんねえ。 旅は若いうちに、食べ物も若いうちに、タ〜クサン経験するとよいのでしょう。  また、まじめな話し しちゃった。
 ペンダントライト 登場。(12/6)

《12/9 一日中曇り》
久しぶりの「すき焼き」。卵を織部の小鉢に割り落とすと見事な赤みでプリッとしている。「このキミ(黄身)キレイやねえ」と思わずつぶやく。 と、台所の女将が、エッ?と嬉しそうに一瞬振り向く。  イ、イヤ 君ではなくて黄身なんだと・・・言えずに肉の煮え具合に箸を遊ばせながら独り言のふりをする。 独り言なんだけど。
ペンダントライト 登場。(12/6)

《12/22 少し晴れ》
昨日も、器好きが集まって あーでもないコーでもないと器談義。 自分の作った器を見ながら「ココがプロとアマの差なんだよなあ〜と」お客様。 イヤイヤ立派ですよと私。 まあ、センスの問題ですからねと女将。 オイオイ!
かけ分け 楕円皿 いかが。(12/22)  
灰釉 パスタ 大皿も創りました。(12/25)

《12/31 くもり》
人それぞれ、お正月の過ごし方は勝手なんだろうけど、やっぱりお屠蘇におせち料理、お年玉に凧揚げ、はね付き、朝から赤ら顔で初詣。「風情」という日本の美しい言葉が、大型ショッピングセンターやTVゲームに八つ裂きにされそうなのは辛いけど、大事にしたい「和の心」 
年末年始★2003年12月30日(火)〜2004年1月4日(日)★期間中のご注文・ご質問につきましては1/5(月)以降のご回答となります。  あけぼの多様鉢 再登場(12/31)

《1/9 くもり》
新年明けましておめでとうございます。  女将は、里帰りで体重が500グラム増えたとため息。 店主は寒さから身を守る為の酒を覚えて、昼間っからちびり、ちびり。 ストーブの燃料代と、どっちが安くつくのか、だれか教えてください。   赤絵グラタン鉢(女将のお気に入り)。粉引カレー皿 登場で〜す。子どもの為の本物「和」 風の子 本格始動しました。

《1/15 はれ》
人間の脳細胞は一日で何万個も死んでるって本当らしい。 どうりで最近一日がたつのが早いと思った。感動をすると脳細胞が活性化するそうな、「恋」をすると良いそうな、歩くと良いそうな・・・・。 などと考えながら何もせず、「器に感動」だけはしてます。

《1/19 はれ》
昨晩は、いや今朝は飲みごとで、2〜3時間しか眠っていない。 昼飯食べても、これが意外と元気!「フッフッフッ。マ〜ダ若いぜっ!」張り切ってページ更新。 ん〜なんか睡眠不足でハイな気分だ。
夕方4時頃、PCの前で意識を失っていた(女将に見られた・いびきをかいていた・額に日の丸できていた)。 嘆息。反省。

《1/22 雪時々吹雪き後曇りタマ〜二晴れ》
サブッ!!!。 日本列島ブルブルですな。 窓の外をアイススケートのようにつるつると滑ってゆく車列を見ていると、面白くて仕事にならない。 雪かぶった庭の椿を心ゆくまで楽しみながら・・・・・。「女将! 酒。」  「自分で注ぎなさい!」  「ハ、ハイ」 なかなか映画のようにはいかない。
グラタン皿 お目見えです。 あけぼの中鉢もどうぞ。

《1/26 曇り後ちょっと晴れ》

ひさしぶりの「おでん」からしでくしゃみしながらこんにゃく・はんぺん・たまごと食べる。 ここ数日,寒かったからか随分美味い。 酒は、「ふなくち」という日本酒がンマイ。 女性好みの日本酒です、ハイ。
グラタン皿 お目見えです。 あけぼの中鉢もどうぞ。
赤絵飯碗「花」登場です。(1/28)

《2/2 曇りときどき晴れ》

最近、お客様からの励ましのお言葉を、メールの端々にいただくようになった。 不思議に3日更新しないと、必ず出てくる「励ましのお言葉」 ぐうたら店主はお客様に激励され、女将に脅されながら「明日こそは、ぐぁんばるぞう!!」 ■声:裏返る
 粉引スロット長皿登場です。 これは面白い!
 甘い物好きにはたまらない「粉引石目デザート皿」 でました。

《2/4 曇りときどき晴れたま〜に雪》
昨晩は、神社参拝と豆まきと、エ〜ト飲み事と豆まきで、今日帰った。 朝帰りじゃないから、元気! と思ったら、やっぱり夕刻になってコンピューターの前で気を失っていた。 画面には額で打った「8」と「7」の字が延々と続いていた。 幸い、誰にも見つかってはいない。

《2/6 曇りときどき晴れたま〜に雪 寒い》
最近、「もっとイイのあるでしょ、掲載しなさいよ。」とのお便りをよくいただきます。 無理です、ぐうたらですから。 というのは半分本当ですが、気に入った物だけをひとつひとつきちんと紹介したいというポリシーでサイト運営を行っているからです。 どうぞご理解ください。

《2/10 晴れ時々曇り 》
このところ、売り切れが多くて読者の皆様にご迷惑をおかけしております。 正直、仕入が追いつきません。 お待ちいただいても、決して後悔させない自信はあるのですが。 本当に申し訳ありません。


《2/11 久しぶりの快晴 少しだけ春の足音》
は〜るよこい、は〜やくこい。 いかにグーたらナ私でもいいかげん春が待ち遠しい、春の朝寝は最高なんだけど・・・。 ●粉引耳つきスープ碗皿 カワイイデショ?   ●粉引楕円カレー皿、再入荷しました、大変お待たせいたしました。 


《2/14 快晴 春一番!!かな?》
久しぶりに飛行機に乗った。 かつては乗るのが仕事みたいなもんだったのに(旅行会社)、離陸の時に緊張で手は汗ばむし、喉はカラッカラ、二日酔いも手伝って、飲み物はこぼすし。   やっぱり女将のそばでグーたらしてるののが一番。     ね〜女将、キョー何の日〜?
いろいろみつけましたから、掲載するの少し待っててくださいね。
お待たせしましたカフェオレボウル入荷しました。お早めにどうぞ。


《2/18 晴れ 》
いやあ、仕入から帰って、荷物は届くは、友人は来るは、溜まっていたメールのお返事と、ご依頼の作品の出荷。 およそ私らしくない
多忙で勤勉な1週間でした。 ここいらで、本来のぐうたらに戻ります。
赤絵カフェオレボウル入荷しました。トップぺーじからどうぞ。

《2/19 晴れ かな 》
《店主 墓穴を掘るの巻》
店主:フ・・・フ・・フェークション!
女将:キッタナーイ。 顔にかかったヨ。 ちゃーんと手を当てなさいよ、手を!!
店主:ヘイヘイ・・・・。 ちぇっ。 キスするくせに・・・・。
女将:ゼン・・・然してないから、わからん!!
店主: ・・・ヤバイ、聞こえた・・・・・。
赤絵急須&湯のみ、入荷しました。リーズナブルですよ。
お醤油さし(ポ・ト)入りました。


《2/21 晴れのちくもり かも?》
春うらら、春眠暁を覚えず、なんかみ〜んな私の為にあるような言葉♪。 今宵はちょっと春めいてきたから酒宴。 ん?先週は寒いからね〜と言いながら屋台だっけ。 日本全国の皆さ〜ン、もっと肩の力を抜いて、ここいらで一休みって、いつも休んでばっかりなのは私だけか。  すいません。
赤絵急須&湯のみ、入荷しました。リーズナブルですよ。
お醤油さし(ポ・ト)入りました。 「赤絵小湯のみ」公開で〜す。


《2/23 晴れのちくもり》
きのうも朝帰り〜♪ だけど女将と一緒だったから、怖くないもんね。
「ひょうたんランプ展」をリアル店舗でしてくださる、松本雅代さんからメールが届いた。 バリ島にいるらしい、これは皆さんに紹介しなくちゃ。「雅代のバリだいありー」トップ画面からです。 「赤絵小湯のみ」公開で〜す。


《2/24 くもりときどき晴れ》
最近、ざっくりとした土味の、良いスープ碗皿が入った。見れば見るほど良いのだが、まだ掲載しません。 もう少し手元に置いて眺めていたいから。  私 ヘン?
ワインキャップ伊万里登場です。  「雅代のバリだいありー」トップ画面からです。 


《2/25 晴れのちくもり》
どこかの企業が、立体ディスプレイのようなものを開発したそうな、ぐるりと360度から物を見る事ができるんだそうな。 ん〜、私の写真の360度? いやだ、アップじゃなくてバックに耐えられない。
ワインキャップ伊万里登場です。  「雅代のバリだいありー」トップ画面からです。 「全商品リスト」やっと掲載です。 



《2/26 晴れ 朝夕めっぽう寒い》
いつの頃からか、夕食時にはTVを消す事にした。 最初は戸惑っていた家族も今ではべチャべチャと食事と会話を楽しむ(?)ようになった。 これはおすすめです!
ワインキャップ伊万里登場です。  「全商品リスト」やっと掲載です。赤絵平土鍋、結構珍しい! 


《2/28 くもり 静かな土曜日》
最近女将がデザートと称して、湯のみにフルーツや白玉などを入れてくる。 おかげで体重が1.5kgほど増えた。「一緒に太りましょ。」だと。 夫婦でも、それはいやだ!
気持ちもあでやか、赤絵金彩六角台湯のみ登場! 


《2/29 雨のちくもりのち晴れ》
時々、日曜日に雨がふるとホッとする。 晴れていると、何かしなくては、という強迫観念にとらわれる。 今は、酒と椿、もうすぐ菜の花のおひたしと酒、おっ、つくしも生えてくるっけ。 こんな休みが大好きなのである。
きもちよ〜く持てるかわり湯のみ、気持ちもあでやか、赤絵金彩六角台湯のみ登場! 


《3/1 雨ときどきくもり》
寒い!!! このところ少し温かったから余計に寒い!湯豆腐湯豆腐、織部で湯豆腐。
きもちよ〜く持てるかわり湯のみ登場! 「何で選ぶ?」リスト作りました。


《3/2 はれ たま〜に くもり》
女将の里から葱が送られてくる。 土つきの葱である。 こんな寒い朝は、味噌汁がいい。 刻んだ葱が口の中でしゃりしゃり音をたてる、あっつ〜いのがいい。 豆腐は1cm角位でネ、女将。 エ? うるさい? すいません。 
ガラスみずあわそば猪口、登場です。 これは素敵です。 
「まだ、注文までしてないけど、よく見てるよ!」 の方、よろしければお便りくださいな。 器のおはなし、しましょ!


《3/4 なんと雪その後くもりたまに晴れたりして、何が何だか》
寒いうえに、元気がない。 風邪気味かあ? キムチ鍋にしよ! と作った鍋を「から〜〜〜」と言いながらつつくと。 汗がジワッ。 赤に赤でどうかなと思ったが、赤絵の器がイイ! 「やっぱり赤はいいね元気の素だよ赤はっ!」  「でも赤字はいやよねえ〜」 横目で女将がつつく。  「バカヤロ 色男、金と力は無かりけりって言うやんか」と反撃、「あるにこしたことはないじゃん〜〜〜」 この語尾のイントネーションが気に入らん。 でも、当たってる。
萩焼かけわけ飯碗(茶碗) 登場。 器好きにはたまりません。



《3/6 くもり時々雪たまに晴れたりして、わけわからん》
すき焼きが食べたい。 肉には赤ワイン? やだね、すき焼きには麦焼酎が合う。 こんな寒い日は、ほろ酔い気分で肉やにんじんをツツク。 エ?人参なんて入れない? いけません、いけませんねえ。絶対に入れましょう人参は。 美味しいですよ。 今日は酒宴の為、これで失礼させていただきます。 それでは。  


《3/8 晴れたり曇ったり》
最近、ウィルスメールが多い。 皆さんウィルス対策ソフトは入れてらっしゃいますますか? 「おとなの和食器屋」では、二重のチェックを行っていますが、 何よりそんなしょうもないメールが来ないのが一番。 そんなモン作っているひまあったら「器」ひとつでも作れっ! 美味いモンのひとつでも食ってみろっ! なんかズレてる?  
超個性的な、あの噂のスープ碗皿登場!
人気作家山本英樹氏「化粧がけスープ碗皿」 再入荷



《3/9 晴れ時々くもり》
いまだに身に着かない事がある。 お客様の年代を推測する能力である。 リアル店舗でも見事に外れるのに、ネット上では、もっとわからない。 くわばらくわばら。



《3/10 晴れ時々くもり》
最近、女将が元気よい! 「女将の書道教室」が、なかなか順調らしい。 字がうまく書けるのは羨ましい限り。 天はニ物を与えず。 イテッ!


《3/11 おおむね 晴れ》 便利の良い言葉「おおむね」
★女将の笑点
亭主とかけて、パソコンと とく。 そのココロは、
便利だけど、時々ワズラワシーイ!


《3/12 晴れ》 気象庁言葉「おおむね」
★店主の笑点
女房とかけて、パソコンと とく。 そのココロは、
たま〜に相手すると、すぐ固まる。
意味わからん!(女将)


《3/15 だいたい晴れ》 
女将の里に帰っておりました。 畑から取れたてのサニーレタスの美味しい事。 皆様もレタスを植えてみませんか? いちどちぎって直ぐに食べてみてください。 本当の味がわかります。全然違います。


《3/16 晴れ  あったかい》 
ハールよコイ♪ と歌ってたと思ったら、ホントに春が来そうです。 春には、特別な匂いがありますよね。 水が地面に染み入るような匂い。 エ?わからない? 女将もわからんそうです。


《3/22 雨 寒い》 
ブルッ、寒のもどりである。 あ〜あ、暖かさが恋しい。 早く「菜の花ご飯」が食べたい、おひたしが食べたい。 


《3/25 どんよりくもり》 
このところコンピューターのトラブル続き。 あ〜ぁ新しいの買おうかな〜。 「もう少しガマンしなさいよー」と女将。  でもほら、ニョウボとコンピューターは新しい方がイイって言うじゃんかなんちゃってへへ。  「ず〜〜〜っとガマンしてらっしゃいっ!」


《3/29 くもり》 
本日は、我が家でも使っている面取り湯呑みで晩酌。 日本酒のロックである。 弱いから、半分入れて少しだけ氷。 磁器の薄さが乾いた心地よい音を導く。 春の酒器はこれに限る。


《4/01 くもり》 
「ただいま〜っ。」 長女が桜の花びらを頭に乗せて帰ってきた。 そろそろ春真っ盛りか? いやいや日本列島は長い。 花見の酒も永い。(ナンノコッチャ)



《4/3 くもり》 
今日は夜桜見物です。 9人と1匹集まっての飲めや歌えの大宴会〜♪。 カラオケは迷惑です。ギターでも持っていこう。 「僕の髪いが〜肩まで伸びてぇ〜♪」 エッ?知らない?古い?オジン? シュン。


《4/7 くもり後あめ》 
長男とキャッチボールをした。 翌日、痛いかと思った肩が、ゼ〜ンゼン痛くない。 フッフッフッ、まだ若いぜぃ。 と思ったら、翌々日肩が上がらなくなった、右上半身と足まで痛くて動かせない。 長男は飄々と遊んでいる。 親父が凹んだ日。


《4/8 晴れ》 
全国あちこちで入学式。 おめでとうございます! はちきれそうな希望と期待を抱いて新しい門をくぐる子供たちが沢山いるのでしょう。 どうか、幾多の苦難を乗り越え、頑張ってください! 私の年金は君らが払ってくれるのだから。


《4/10 晴れ》 
最近、我が家ではちょっとしたリバイバルブームである、「チューオフリーウエィ〜♪」。  ハイファイセットだのサーカスだの、おとなふたりは、聞いててやたら元気が出る。 子供たちは「???」  しょうがないか。


《4/12 くもりのち晴れ》 
ひょんな事から、米国シリコンヴァレー(サンフランシスコ郊外)から、ご注文いただいている事がわかった。 海外にご在住の皆さん。 まだ、直接お送りするシステムは出来上がっておりませんが、どうぞお便りください! 来日・ご帰国の際などにご送付いたします。


《4/14 くもりのちなんとなく晴れ》 
別に、何にもかぶれてはいませんが、なにか波を感じることがある。 お客様のご注文は70%くらいは、2つ同じ時間帯にいただく。 お客様がいらっしゃると、不思議と電話が鳴る。 なぜか「波」がありますね。あなたもご経験ありませんか?

《4/15 くもり》 
女将は、今日も夕食の献立に頭を悩ませている。家族それぞれ、好き勝手にリクエストするのが原因らしい。 子らは思春期で食べ盛り、亭主は中年真っ盛り、両方をうまくなだめながら献立を考えるらしい。 政治も家庭も一緒?


《4/19 くもり》 
ご近所のカラスダさんから、玄海灘で釣った魚をいただいた。 目玉の直径が3cmくらいありそうな鯛。7Kgの大物だったそうな。 スーパーの養殖鯛みたいな臭みもなくて、味があってとてつもなくンマイ。当店のメルマガ最新号では、本物のトマトケチャップを紹介しているが、ともかく本物の味を知らないのは一生の不覚である。 チャンスはいくらでもある。 探すぞっ明日も!


《4/21 晴れ》 
メルマガご購読の皆様へのキャンペーン。 どうやら好評で喜んでいただけた模様。 ありがとうございます。 「持ち手付長皿」行き渡らなくてごめんなさい。 ところで今、アサリがんまいですね。 貝汁・酒蒸・バター炒め・スパゲティボンゴレ。 結構材料次第ですな。 プリプリしたのがホントに良いです。 女将も昔はプリプリ・・・イテッ。


《4/22 晴れ》 
暑いっ・・・って贅沢なもんだ、この間までストーブの前でサブッと言ってたのに。 ビールが うまくなってきましたねえビールがあ。 蚊がでないうちに星空の下、ベランダで小さなビアガーデン。 バニーさ〜ん。 ビールおかわりぃ〜 って なんだ女将か。 良い良い。 酔いと宵に紛れて「美人おかみぃ!」 なに? いつも一言余計? 


《4/23 晴れ》 
暑いっ・・・っと思ったら、もとに戻っちゃった。 お客様からのお便りによると、志賀高原ではまだまだゴールデンウィークまでスキーをする事ができるんだそうで、やはり日本列島は、長くて高い。
てなわけで、今日は鍋うどんに。辛口の日本酒です。 鍋うどんには、季節に冷凍保存してた柚子の皮を小指の爪の大きさ位入れます。


《4/24 晴れ》
今年も庭のテッセンが、開き始めた。 強い花で、少々の事では枯れない。 強く美しく・・・・・
あやかりたい。


 《4/27 雨》
サブッ!  ったく、最近の天気ときたら、ついこのあいだまで、半そでOKだったのに、今日はセーターです。 北海道のお客様から、まだストーブだよんとのお便りいただいてます。 神戸など関西地区は嵐の一日だったとか。 皆さん大丈夫ですかあ。 早いとこ風呂にはいって、熱燗熱燗。


《5/10 くもり》
エー本日、モ・デ・ルとして、めでたくデヴュ〜しました店主でございます。 エ? 足だけジャン? エ?ちょっとガにまた? エ?いちいち報告するな?欲しくなくなる?  イ、イカン 「おかみ〜っ! 男おらんか男っ!」  イテッ! 違うって、そういう意味じゃないって。


《5/12 はれ》
庭に咲きました、ご存知むらさき露草。
房のようなたくさんのつぼみから、少しづつ花が咲いている。 この少しづつがいいんだなあ。
    


《5/16 一日中雨》
マシンのトラブルと、季節はずれの風邪でもう散々でした。 や〜っと全快。 楽しくがんばるぞっ!
〜お知らせ〜
おとなの和食器屋の店主と女将は、年金の未納期間はございませんでしたので、謹慎も辞任も禁酒もいたしませ〜ん。  


《5/17 曇りのち晴れ》
運動不足がたたって、1kg体重が増えた。 プリン体カット? ビールにはプリンが入っていたんかい? 女将にあきれられた。 ビール会社も種切れ?
〜お知らせ〜
おとなの和食器屋の店主と女将は、年金の未納期間はございませんでしたので、辞退も辞任も謹慎も開き直りも禁酒も一切いたしません。 まったく!


《5/20 曇りときどき雨》
リアル店舗に来店されたお客様。 ご自宅の食器棚は既に先客でいっぱいなのでした。
 さんすいの器を握っては、ため息まじりに「捨てるのは簡単やけどねえ〜。」
今もっているものを捨てなければ買えないないのです。
それを聞いていた店主。
「捨てられんように、気をつけよ」とボソ。 店中大爆笑。
別のお客さんが「うちのお父さん。粗大ゴミのとき出しちゃろか」 と、また別のお客さん「燃えないごみやない、あんた」  当店では、おとうちゃんはもう無茶苦茶。
気をつけよう、毎月はじめのゴミだし日 


《5/25 晴れときどきうす曇》
最近金魚に少し凝っている。 お客様からいただいたランチュウという金魚の稚魚である。 餌をやるのに水槽のカバーをはずすと、待ってましたと寄ってくる。 可愛い。 何か頼られているようなうれしい気分。 最近親父としての居場所が狭くなった分うれしい?


《5/31 曇りときどき雨》
庭の紫陽花が色づいてきました。
たまにふる雨は風情があるけれど、梅雨はちょっとね。こんな時期には、毎日の食卓くらい、楽しくしたいもの。
器で毎日ワクワクできたら素敵だと思う。
あなたは、毎日 〜ワクワク〜してますか?


《6/3 はれ〜》
まったくやりきれない事件が相次ぎます。 私たちは本来、相手の表情や言葉の抑揚などを見て理解し、言葉を使って人との関係を築き上げていきます。
そんな人間としてもっとも大切な洞察力や理解力・表現力・忍耐などが不完全なままの子供たちに、野放図に携帯電話(メール)やコンピューターを与えたらどうなるでしょう? 私は中高生の子供に携帯電話を与えていません。
エ? 不便? ほんの昔まで、いかがでしたか?


《6/6 くもり》
ヒャ〜〜ひどい目にあった。 食当りである。 1日半寝込んだ。 これからは決して間違っても絶対、素面(しらふ)では刺身は食べんぞ、徹底的に消毒してやるっ!・・・胃の中で。
エ? 順番違う?


《6/8 くもり》
ある日のリアル店舗、沢山お買い物されたY様。「も〜しばらく来んよ〜。 使いすぎた。」
「こないだもそう言うたやん?」と店主。 店内大笑
「いや、今度こそこそしばらく来ん!!」
「でもその前もそう言ったもんな〜」   店内涙笑


《6/11 くもり》
昼・・・あくびをしながら睡蓮鉢のめだかを見る・・・
ン??・・・ 2匹が絡み合ったまま底へ落ちてゆく。おお! こ、これは・・も、もしや・・・・。 人間の世界で言う駆け落ちか? ンナバカナ。 慌てて、水草をそっと引き上げてバケツに移す。 3日後・・・・・、小さな小さな命の誕生となりました。


《6/17 はれのちくもり》
昼・・・あくびをしながら金魚蜂鉢を覗く・・・
金魚がやたらこっちを見るので、情にほだされて
つい餌をやってしまう。 水面の餌をむしりとるように
さっさと水面下に戻る。 な〜んか信用されてない
ようでちょっとひっかかる。  管理職のおじさんと
新人の部下みたいな関係?


《6/22 くもり、たま〜に晴れ》
台風前のフェーン現象とか言うもので、37度近くまで上がった気温が、
台風一過 本日は29度。 涼しいな〜などと油断して風邪を引きそう。 
29度で風邪?


6/24 雨たま〜にくもり》
台風で、家の奥に避難していた金魚に異変! 色がみるみる白くなってきた。 
なんじゃらほい。 人間と同じなんだ〜。 飼育家にとって常識なんだろが、
わたしにとっては驚きっ。
ふと子供を見て、うらやましくなる。 きっと、たくっさんの感動があるんだろうな
〜この先・・・。


《6/25 雨ときどき土砂降り》
仕入れに行ったというのに、梅雨末期のようなどしゃ降りでした。
少し年をとってきたのだろうか、「こんな雨も、たまにはいいかな・・・」などと思うようになった。 自然を、ありのままに受け入れようとするのは、日本人の素敵な感性だと思うのだが、ちょっとジジくさいかな・・・とも思う。


《6/29 くもり》
左の写真が気になりだした。 いやぁ、髪じゃないです。 リアル店の正面の参議院選挙ポスターを見てて。 み〜んな、ま〜んめんの(n_n)笑顔! 立候補の皆さんが、あの写真のように善人である事を祈ってます。 ハイ。


《7/01 はれ だけど蒸し暑い〜》
さあてと、お客さんも帰ったし、金魚に餌・・・ン? 大変だっ!しっしろくなってるっ。 専門家に電話。赤くなる前は白くなるんですと。 あけぼの鉢くらいにあか〜くなるようにお祈りしよう。 


《7/3 晴れのち土砂降りのちはれ蒸し暑い〜》
クミコさんのシャンソンを聞いた。どうもまどろっこしく感じて、筋書きを味わっていない自分がいた。 よく考えてみると明らかに私に問題あり、ネットの弊害である。 ネットは便利だけれど、時に人を短気で移り気で、かさかさにしてしまう・・・。 元に戻さなくちゃ。 いただいたメールの言葉をひとつひとつかみしめながら。


《7/7 晴れのち曇り》
七夕かあ〜。オリヒメとヒコボシみたいの、ないかな〜あ! 女将の蹴りが飛んでくる。 「何か不満でもございましてぇ〜」 別に不満はありせん。 ただ、体に悪そうな美味しい肴で酒が飲みたい。 死ぬ前に。 エ?何故かって? こちらをご覧ください。


《7/10 曇りたっま〜にハレ》
今日は、このサイトを毎日見てくださるというお客様がリアル店舗にご来店された。 ページの様子がずいぶん変わってると「エ〜毎日見てるのに〜」と思うそうである。 変わってないとホッとするのかしら?
50年くらい変えなかったらどうなるのだろう。 〜店主没後に注文あり、女将思わず涙!〜てな具合だろか?


《7/14 はれ ほとんどはれ》
最近、コンピューターの前に座ると、どうもお腹の脂肪が気になる。 昔、アメリカのホテルでTV見たら、どんな時間でも必ず、どこかのチャネルでエクササイズやってたっけ。 そんなに太るのいやなら食うなよ〜、と思ったモンだが。 今、自分にその言葉を浴びせたい。 トホホ・・・。


《7/17 はれ たまにくもり ごくたま〜に雨》
最近暑いせいか、ビールの量がグングン増えている。 とはいっても「発泡酒」なんだが、あんまり味の違いは無いみたい。 結局、喉が渇いたときに、ツべタイビールが、いっちばんンマイ。 そゆこと。


《7/20 はれ ひどく暑いが風あるのが救い》
関東一円の皆さ〜ん! 大丈夫ですかあ? 気温が40℃近くにあがったそうで、こうなるとたまに吹く風もドライヤーの熱風のように感じますよね。 こんな時は辛いカレーなどを食べて、ツべたいビールなぞ飲んで思いっきり汗を流せば爽快! ナニ? おまえだけ? すいません。


《7/22 はれ ひどく暑いし風もない》
夜、暑くて寝付けない。 家の中で熱中症でお陀仏になるのも無念なので、クーラーをつける。 タイマーで切れては目がさめ、またつける。 延々と繰り返しながら、やがて雀の鳴き声を聞く・・・。
こうなると夕刻にひどい眠気に襲われる。 で、どうするかは次回のココロだ〜。


《7/24 曇り たまにはれ》
夜、暑くて寝付けなくて夕刻に眠くなるときは、水のシャワーに限る。 ウォ〜と、雄たけびをあげながら水を浴びる。 そばの金魚が「バッカジャナイノ、関わりたくない」って顔でひょうひょうと泳ぐ。 扇風機の生暖かい風が、なぜか妙に心地よくなるから不思議。


《7/27 曇り たま〜にはれ》
最近は、お子様服も高級化しているそうで、海外ブランド花盛りなのだそうな。 そういえば店の前を通るワンちゃんも迷惑そうにフリルの付いた赤い洋服なんか着てたりする。 「お互いキノミキノママだよなあ〜(嘆息)」と女将と・・・話したんじゃありません、女将はお着替えをしっかり楽しんでます! エ?独り言? イイエ、決まってるじゃないですか、キンギョ、金魚と話したんです。  オスのネ。 


《7/30 快晴 35℃以上 風があるのが救い》

庭に実った唐辛子を入れて、本日は夏野菜カレー。
夏バテ気味の胃腸に渇!


《8/03 曇り たまに雨 はっきりしない》
茨城県の国民宿舎「鵜(う)の岬」は毎月1日の宿泊申し込み日には3000本の電話が殺到するそうな。客室稼働率97.7%。 (日経新聞) とんでもないお化けホテルだ。 心からの笑顔とサービスと、若くけなげに働く姿が人気の秘密らしい。 ン〜 おとなの和食器屋も負けないんだけどなあ、「若く〜」を除いては。


《8/05 晴れ 夕刻どしゃぶり》
女将はアルジャジーラ(中東の衛星テレビ局)を、宗教団体かなにかだと思っていたらしい。 今日のニュースステーションを見て、驚いていた。 ヨン様の身長はしっかり知ってるくせに。 ま〜ったく (^^) 


《8/09 晴れ 夕刻どしゃぶり このところ毎日》
仕入れの道すがら車中、暇なので女将に問題を出す。「中東カタールの衛星テレビ局はなんでしょ〜」
「アルジャージー♪  あ、そういえば明日の牛乳買わないと。 帰りにスーパー寄ってねん!」 女将、元気に答える。  思わず、めまいを覚える。


《8/13 晴天のち、うす曇   雨降らない》
いよいよオリンピック。 つね日頃の練習と節制とで美しくシェイプアップされた北島選手の姿を見て、思わず右手で我がお腹の脂肪をつまんでみる。 左手にはビールグラスなんだなあ〜これが。


《8/18 曇り 風めっぽう強し》
昨晩深夜は、オリンピック野球観戦。 前回は4回表くらいで記憶が飛んでいたが、今回のキューバ戦は7回で気を失った・・・。 もちろんTVは点けっぱなし。 負傷しながら投げぬいた松坂投手に、申し訳ない気持ちがした。 日本中の多くのおじさんが、あなたに、忘れかけていた「覇気」をもらいました。 ありがとう。 


《8/20 曇り のちたまに雨》
昨晩は、オリンピック水泳観戦。 平泳ぎ200mに出場した田中雅美さんが4位で涙のインタビューを受けていた。 「あんなにキレイなのに・・・」と泣き顔で絶句する店主。 あきれる女将。


《8/23 曇り のち激雨》
人間ドックに行ってきた。 オリンピック不眠症と絶食でヘロヘロ状態なのに、胃透視なんぞとんでもない。 バリウム飲んで、台に寝せられてその台が可動式滑り台のように動いて「ハイ、こちら側からグルット180度回りましょうー。手は頭のうえ〜。ハイッ」 発泡剤飲んでゲップはできないし、あんまり面白くないんで、サッと回転して片手の平をこっち向けて頭の上まで上げてダンスの最後のような決めのポーズしてやった。  少しだけ受けた。  後悔した。


《8/26 晴れ まだ遠い、台風の風が心地よい》
朝昼夜、普通は1年に1000回以上食べている食事。 1回平均30分程度としても500〜600時間以上を費やしている事になる。 考えてみれば、これを楽しめなければ人生の重大な損失だ。 人間ドッグの帰り道、絶食明けに思った事。


《8/30 暴風雨 えらいこっちゃ!》
暴風で、お店の大きな窓がわん曲するのは、やはり気味が悪い。 台風が直撃すると、自然界の強さ・大きさ、人間の無力さを、あらためて考える。 インターネットも、通信ケーブル・電線どちらが切れても大慌ての世界である。 


《9/01 どんよりくもり》
折角、和食器が大好きなのに、小さいお子様がいらっしゃるので、お店に行くのを我慢しているお母さんが沢山いるようだ。 そんな方々の為にもネット販売は続けなきゃと思う。 リアル店にも、そんなお客様は沢山来店するが、店主と女将が交代で子守りする。 店主は怖がられるけど。


《9/05 うす曇のちくもり》
世界中で、大変な事件が起こっているようだが、考えてみれば、力で人や国家や民族を押さえ込もうとすれば必ず失敗をする。 日本もそれは十分に嫌と言うほどわかっている。 私もわかっている。 だから最近女将に優しい。 女将もなんだか優しい。
(狐と狸?)


《9/10 曇ときどき雨》
この仕事、ダンボールがやたらと溜まる。 週に1回は、汗だくで大整理となる。 汗だくの労働のあと狭いながらも楽しいお風呂♪ 「フゥ〜〜チョ〜気持イイ!」 北島「金」で、わたしゃお風呂で。
                                               《小市民》

《9/14 曇ときどき晴れ》
5年近く使っている水洗いできる電動髭剃りがある。 長持ちのコツは?と聞かれると、答える。 「なるだけ水洗いしない事だよ。髭を剃って顔をちゃんと洗えば一緒(笑)水洗いは充電の時だけ。」 ウォッシャブルを長持ちさせるコツはウォッシュしない事。 本末転倒なのか、ブラックユーモアか・・・。 


《9/21 曇ときどき雨》
粉引納豆鉢が出てから、我が家でもナットウ談議。イカ納豆が美味しい、いや葱だけが一番、シラスも美味しいだの、タレは醤油?いやいや、やはり付属の納豆ダレ、私はイソジマン。 んじゃ辛子は入れるの? あんなのはぁ邪道だ〜っ。 最低100回混ぜなきゃ納豆の意味がないだの。  とにかく疲れる。


《9/28 曇ときどき雨》
顧客の皆様は、そろそろ石狩鍋だとかアンコウ鍋だとかのお声が聞こえてきます。そんな季節なんですねえ。 ところがここ数日ミョ〜に蒸し暑いと思ったら、ななんとまたまた台風。 女ゴコロと、いや男心と・・・・。


《10/01 晴れ》
ひと雨ごとに・・・なんて情緒がある言葉だが、そのひと雨が、今年は台風だから、たまらない。 まあ、ともかく天高く女将肥ゆる秋。 ?なんか違うなあ。


《10/04 晴れのちくもり》
岩手県のY様より「ひも」についてのお便りいただきましたが、ヒモ生活には、少しあこがれてます。(^^)
が、きっとやってみるとちっとも面白くないんでしょうね。 どうせヒモやるなら、大女優のヒモなんぞがやってみたい。大女優の夫が、小さな民芸屋の店主。  ストレスに疲れきった女(大女優)は、民芸店の片隅の椅子で、夫にその日の事を愚痴っている。 眼鏡で髭面の夫は、それを優しく聞いている。 週刊誌には「大女優のヒモ亭主」と書きたてられているが、女にはなくてはならない夫。  な〜んてね。


《10/10 秋の長雨》
さあ〜久しぶりの休みだアぁ、朝寝するぞッ!! と前夜に十分夜更かしして気合入れて寝床に着いた。 パパパンパンパ〜ン、朝7時に地域の運動会のお知らせ花火に起される。 ふあぁ〜やめてくれいと布団をかぶってウトウト・・・。 8時、プルルルル〜と電話が鳴る。子供の運動クラブの連絡網(リレーして伝言するアレ)の電話。 ハァー・・・・・。 気を取り直して寝床に着いてまた朝のまどろみを楽しんでいるとシャラリ〜ン(メール着信音)友人からのメール。  今日一日、頭だけまどろんでました。


《10/12 秋晴れ》
昔「自転車泥棒」という洋画があったっけ、貧しさ故のの泥棒の哀愁があったが、先日娘がキチンと施錠してない自転車を盗られた。 本人はキョトンとしていて、悔しいのやらなにやら伝わってこない。 それが不思議で、よくよく聞いてみると自転車は5000円から買える時代なのだそうな。 だからといって大事にしないとはケシカラン! 国際化とやらで、物が安くなるのは結構だが、心まで安っぽくならないで欲しいと願うオヤジだった。


《10/16 秋晴れ》
先日、「奇跡の写メール」というのをTVでやってた。 レンズにストッキング掛けてちょっと斜め上から撮ると、どんな不細工でも美人美男に見えるそな。 ん〜左の写真替えよかな。 
〜気をつけようネット上の上目美女〜 マチガイない

《10/22 秋晴れ》
あ〜あ、また割っちゃった・・・。 和食器に傷害保険が付いてりゃいいのにと思う事がある。 でもだ〜れも保険なんか掛けないだろうな。 買ったときは「コレだけはゼ〜ッタイに大切にするモン。」と思ってるから。 でもそうはいかない。 結婚と似てる、少し・・・。


《10/25 曇りのち雨》 *たまには少し真面目な話など*
新聞によると、全国の食堂で出てくる「山菜〜」の山菜の多くが輸入品だそうだ。 それも塩漬けでポリケースに何ヶ月も野ざらしなんだそうである。(倉庫に入れるとお金がかかるから)  それを必要に応じて水に戻して、流通させるんだそな。 加工品だから、残留農薬の検査も甘いそうで・・・。 田舎の食堂とて安心できない哀しさが、今の日本にはある。 デパートの山菜おこわ大好きなんだけどなあ。 これから皆で聞きましょう、「コレ、いつ頃どこで採れたんですかあ?」


《10/28 秋晴れ》
女将が、階段昇ていて突然ぎっくり腰を患った。 老婆のような格好で洗濯物を干す様子がおかしくて横で真似したら、悶絶笑いして痛くて怒ってユデダコのように真っ赤な顔になった。 目じりを下げて(^^)笑いながら怒る\(`o'") 顔というのを生まれて初めて見て、新鮮な驚きを覚えた。


《11/03 曇り》
風邪の治りが遅い。 「一晩寝れば治る」はせいぜい30代までだった。 今じゃ、いつ治ったかわからないほど長引く。 ところが、何故か加齢と供に根気も出てきた。 神様はちゃんと考えてくれているようだ。 疲れているときほど、お便りがありがたい。


《11/06 薄曇り》 〜気の病〜
最近突如動悸がするので、気味悪くなって医者に行った。 なにやら機械を胸に取り付けられて鉄腕アトムになったような気分で、1日中心電図を取ったが異常なし。医者も首をひねって、もらった薬が「抗不安剤」だと。 な〜んだ気の病(やまい)か〜。 一部始終をご常連に話したら「そりゃあんた更年期よ、男もあるんよ更年期障害!」  げげっ!(>_<)


11/10 曇り》  〜男の更年期〜
貴方の周りのご主人・お父さん・おじさんが、最近元気がない、動悸がする、落ち込んでいるなどの方は、更年期障害かもしれません。 優しくしてあげましょう。 エ?私? 私は大丈夫、左下の雅代さんの写真見ても、少しドキドキするもん。 エ? 話が違う?


《11/12 曇り》  〜お便りに乾杯!〜
最近、お客様から「着いたよ〜」のお便りをよくいただく、それどころか着く前にお知らせありがとメールまでいただく。 感心感激して、ついつい丁寧にご返事をだす。 かくして返事が遅くなる。 ごめんなさい。 毎晩目がしょぼしょぼで幸せな店主です。


《11/15 曇り》  〜男の心理〜
昔、歯医者通いをしている同僚が、行くのが楽しみで辛いと、訳のわからん事を言ってた。 聞くと、美人の衛生士さんがいて、彼女の前で大口開けてよだれ垂らしてるのが辛いんだそな。 ゴム手袋にマスクが普通の今の歯医者さんではありえない、ひそかな独身男たち(当時)の話し。 その歯医者に若い私もすぐに通った事は言うまでもない。


《11/21 快晴》  〜老化はコマ飛び?〜
へ?もう11時? うそ!もう誕生日い〜(尻上がり) 何故か年ごとに一日一年が早くなる。 つまり歳を取るごとに記憶力が薄れ、日々瞬間の記憶の一こま一こまが飛んでしまっている為だと思っている。 嘆息
「あ〜あ顔の皺も飛ばんかいな〜:女将」 店主嘆息


《11/24 快晴》  〜ウォーキング(ギター侍編)〜
ンジャジャジャ・・♪和食器や〜の女将さん、最近ウォーキング始めたって? 言うじゃな〜〜ぃ・・・・・・・。 でもあんた、歩いた後に「プッハァ〜やっぱり歩いた後のビールは美味しいわ〜!」 なんてやってたら、 オ ン ナ ジ なんですからっ! 残念! ンジャジャジャ・ジャン♪


《11/26 雨》  〜ウォーキング(ギター侍編2)〜
ンジャジャジャ・・♪和食器や〜の店主さん、最近筋トレ始めたって? 言うじゃな〜〜ぃ・・・・・。 でもあなたん、夜中に「納豆食べたら血液サラサラになって、髪も生えてくるらしいぞっ」て丼飯ガツガツ食べてたらオジン、じゃなかったオンナジなんですからっ!ザ〜ンネン! ンジャジャ・ジャン♪


《11/30快晴》  〜温暖化〜
地球温暖化といわれて久しい。 そういえば子供の頃は、も〜っと寒かったっけ。 そのうち、九州ではラクダが走り、四国ではワニが自然繁殖し、人々はアラビアのロレンスのような日光をさえぎる衣服を身にまとい・・・・(仕事なさい!シ ゴ ト :女将) はいはい。


《12/03 またまた快晴》  〜反抗期のしつけ〜
朝、長男がガッコに行く、「行ってくるよ」。 カチンとくる。「行ってくるよじゃないっ!行ってきますだろがっ!」と叱る。 可愛い反抗期の彼は「じゃあ、行ってきます」と切り返す「「じゃあは余計!」と言った時には既に姿は見えない。 ま〜ったく。
と、次の朝。 いつものように「行ってくるよ」。 カチンとくる。 すかさず女将「行ってくれば。」
それから長男の「言ってくるよ」は、なくなった。


《12/06 晴れ》  〜すべて口実〜
ただ今、リアル店内では「ホワイトクリスマス」が流れてます。
「あ〜いドゥリみんお〜ば〜ほわ〜いくりすま〜す」ってあれです。
なんだか今年は変なお天気で、こう暖かいと 仕事するには助かるのですが、やっぱり冬は寒椿をめでながら雪見酒なんぞ風流にいきたいですねえ。  え?ただ飲む口実が欲しいだけだろって?
とんでもない!寒くなくっても飲んでますから。 女将にお付き合いして。  すいません北海道の皆様。


《12/10 晴れ》  〜酒の肴〜
最近、美味しい酒を見つけた。「伯楽星」という酒、すっきりとしていて研ぎ澄まされた味を持つ秀作だと思う。 料理と一緒というよりも、ここまで美味いと、美しい花や女(ひと)でも肴にして、冷で味わいたい。   
さ、肴がない・・・。(^_^;


《12/13 晴れ》  〜長女の声〜
先日、せがまれて「らぴゅたの白い巨塔」??いや、「ナウルの島」いんや、え〜と「ハウルの動く城」を見に行った。 中年にはややこしくてかなわん。 マスコミはキムタクや美輪さんの声ばかりクローズアップするが、私は倍賞千恵子さんの声がとても新鮮で素敵に思えました。 長女っぽい落ち着いた魅力的な声。 わかるかな〜 わっかんねだろなあ〜 あ、ついでですけど、女将も長女です。


《12/15 また晴れ》  〜恋しい正月〜
年賀状は、書かねばならんし、大掃除はしなきゃならんし、子供にこずかいはやらにゃならんし、クリスマスプレゼントやら女将の誕生日やら、「ぐうたら店主」には誠居心地の悪い月なのである。 正月だけが楽しみなんである。  え?どうせ食っちゃ寝、食っちゃ寝だろうって?  と〜んでもないっ! 食っちゃ飲んで寝、食っちゃ飲んで寝ですがな。 失礼なっ。(`ε´)


《12/17 またまた晴れ》  〜卵とお尻〜
昨晩すき焼き〜 織部の小鉢に卵を割りいれる、その緑と緋色の対比にしばし見とれて、箸で黄身をなぞるとプリンと逃げる。 3歳頃の我が娘のカンワいいお尻を思い出して、思わず微笑む。 「ナニ卵でニヤケてるの〜」と女将。  いやあの〜・・オシリが。 「ハ?」 いや・・お・オシリが・・・痒い・・。 素直に言えない父親であった。


《12/22 どんより曇り》  〜日本のファミレス〜
週末にファミリーレストランに行く。 と、沢山の家族で賑やかだ。考えてみれば、朝食は別時間、夕食は塾・残業や飲み会などでこれまたバラバラ。 家族が家族として一緒に時間を過ごせるのは、週末のそんな時間しかないのかも知れない。 きっとファミレスで、家族であることの確認作業をしてるんだ。 「おまえ、オレの娘だったよな?・・・な、な、そうだろう?」 てな具合に・・・・。


《12/25 どんより曇りかな》 〜日本のクリスマス〜
町中にクリスマスソングが溢れる。 イエスキリストの生誕を祝って・・・とは必ずしもないところが、この国の不思議。 1週間後に神社で拍手を打っているのが、この国の不思議。 半年後のお盆には線香持って墓参りしている不思議。 すべて受け入れる私たち。 それはそれで平和で良いのかもしれないけれど・・・。


《12/27 どんより曇り》 〜クリスマス後記〜
クリスマスは出荷に追われてテンテコマイ。 うさばらしに夫婦で夜のショッピング。 「ま〜ったく (`ε´)」 女将が怒る。 「どこ見てもアベックば〜っかり!」 
あのう、私たちもアベックなんですけど・・・一応・・・。
■まもなく年内配送受付締め切りです。 お急ぎくださ〜い。
おとなの和食器屋■少しだけ贅沢な和食器店 トップページへ 0120-987-139 
(10:00〜17:00 日曜祝祭日を除く)

大 皿 中皿・長皿 小 皿 飯 碗 急 須 グラタン皿 酒器やお重など 醤油注し ガラス食器
大 鉢 中鉢・丼 小 鉢 カップ 湯呑み スープ皿 スプーンやフォーク テーブル小物 インテリアなど