和食器の販売 おとなの和食器屋 ガラス食器や引き出物も通販で
【おとなの和食器屋】少しだけ贅沢な和食器店 ガラス食器もあります。 〜少しだけ贅沢な和食器の通販店です〜
おとなの和食器屋TOP  お支払い方法や送料などのご案内
お問い合わせ・お申し込みフリーダイアル   お客様のお声
白い和食器 赤い和食器 緑の和食器 土味の和食器
大 皿 中皿・長皿 小 皿 飯 碗 急 須 グラタン皿 酒器やお重など 醤油注し ガラス食器
大 鉢 中鉢・丼 小 鉢 カップ 湯呑み スープ皿 スプーンやフォーク テーブル小物 インテリアなど

和食器屋 店主の「ぐうたら日記」バックナンバー
2005年


〜 賀春 〜

最後の最後まで、様々な「災い」が、世界中を駆け抜けた2004年。
今年2005年は、すべての人々に心の平安が訪れるよう、心から祈っております。 よお〜し今年もガンガンいくぞっ〜  でもその前にお正月だから、お屠蘇と雪見酒と新年会と・・・・。 (店主) 
仕事せんかいっ!(女将) 


1月6日(木) 曇り  〜自由〜
久々に昔の会社の同僚と旧交をあたためた。 それぞれに元気で活躍しているのを聞くのは気持がいい。 いや、気持ちよく聞ける年になったというべきか・・・。 かつての同僚には少し申し訳ない気もするのだが、好きな人間とだけ酒が飲める幸せと、リスクはあるけれど自分の人生を自分で決められる人生である事を再確認して感謝しつつ、ほろ酔いかげんで家路に着いた。


1月8日(土) 曇り   〜家 族〜
両親のもとへ遊びに行くと、家族のU^ェ^U ジュン(推定1.5歳)が喜んでじゃれついてくる。 転がるは、飛びつくは、吼えるは、しまいにゃ嬉ション(オモラシ)するわで、もう大変!そりゃそうだろ、家系的には私の妹。 彼女にすれば大事な長兄だから嬉しいはずである。 ちなみに私の母は、近くの公園では名前で呼ばれない。 「ジュンちゃんのおかあさん」なのだそうだ。 じゃ、私は「ジュンちゃんのお兄さん」なのか? 戌年で犬好きなんだけど、なんだか少し複雑・・・。


1月12日(水)    〜童 顔〜
先日コンピューターの中のファイル整理をしていると、実家の犬ジュンの仔犬の頃の写真が出た。 今と同じくらい可愛いのなんのって。 女将の実家に帰ると、長男のアカンボの頃のビデオを見せられた。 こんなに可愛かったのに〜 ←語尾下がる
この違いは何故?


1月17日(月) 〜いまのところ猫を飼わない理由〜
以前、我が家にも「ミー」という雄猫がいた。 子猫の頃はそりゃ可愛くて・・・。 ある日青年になった彼の帰りが、ココ3週間程遅いと思って心配していたら、塀の上を雌猫を連れて歩いていた。 お〜いと呼びかけると振り向きざまに「ミャ〜」^=・=^と鳴いて、それから二度と彼を見ることはなかった。 店主だって、結婚しても時々実家には遊びに行くのに。 女を連れて家出した薄情猫という事になっている。
お客さんに話すと、「そりゃあんた育ちが悪い」???


1月21日(木) 〜つながり〜
ヤフーの孫さんが、携帯電話事業に参入して月額定額かけ放題にすると大胆発言。 ん〜そうなると、ファッショナブルなヘッドセット携帯電話なんか出来りして、音声認識装置で手なんか使わないで電話かけられるし、音声メールが主体になるし・・・・。隣に座ってて電話でお互いに話したりして、それでもって「やっぱりコレのほうが慣れてて疲れないよね〜」なんて言ってたりして・・・。 気味悪い。 でもありそな気がするのがこわい。
ほらほら、仕事せんかい\(`o'") (女将)


1月24日(月) 〜声変わり〜
「もしもし〜♪」電話の女将の声は一気に10歳くらいサバ読む。 ご近所のお世話になっているカラスダ夫人は25歳くらい若返る。 「もしもし」(語尾上がる) 母の電話の一声は、大邸宅にお住まいの若婦人。 
世の女性の、この電話第一声の「声変わり」は、どうも母から娘へと受け継がれるようである。 嘘だと思う貴女、お母さんの第一声を思い出してごらん。


1月26日(水)  〜 遺 伝 〜
最近、息子は「ボク、ツルッパになると?」と、私の頭を見ながら不安そうに聞くことがなくなった。 どうやらカクセイ遺伝という言葉をついこの頃覚えたらしく、少し安心しているようだ。 可愛い息子に、爺ちゃんもご覧の通り禿げてるし、実は亡くなった爺ちゃん(女将の父)も少し禿げてた、なんて事は言えない。それに、突如禿げることもあるんだ、それを覚醒遺伝と言うんだよ、なんて冗談もいえないし。 そのうち「オマエは、いいよな・・・」なんてジュンU^ェ^U (写真左)に話しかけてショゲたりして・・・。 許せ息子よ(^^)。


1月28日(金)  〜 講師業 〜
現在は、ホテル学校の講師なんかしている昔の同僚は先日、学生のバーテンダー実習で、お客役として学生の作った水割り、カクテルの批評なんぞをやっているのだそうだ。 最初は味の批評をやっていたのだが、やがて・・・「客がタバコ出したら、こういうふうにひざまずいて火ぃーつけるんぞー、うぃー。」 「トイレから帰ってきたらさっとおしぼり出さんかい。ひっく。」「一人暮らしのマンションではチワワが待っとるんぞー。カラオケは高橋真理子ぞー。ひひひひひひ。」といつのまにかお水の道を説き始め、学生にうけまくっている。  少し、いや実にうらやましい。


2月01日(火)  〜 親子の絆 〜
長女がクラブで高校の周辺を走っていた時の話し。
学校の近くを走るローカル鉄道の沿線をクラブの友人と走っていたら、突然ぷォ〜ッと汽笛が鳴った。 こんなに近くでっ〜とびっくりする長女。 友人は慣れたもので「あ、・・・あれ 私のお父さん」。 娘の姿を見て、いつも汽笛を鳴らす父親。 日本中が忘れかけている、のどかで素敵な光景。


2月5日(土)  〜 親切の輪 〜
ふっ〜寒い。 こんな夜に、忘れられない思い出がある。昔、私は寒い冬の夜中にフランスとドイツの国境近くのストラスブールという駅で乗り換えの羽目にあった。 一人でキョロキョロしている若い日本人に、息子を連れた上品な紳士がホームまで案内をしてくれ、とても親切にしてくれた。 礼を言うと、その紳士は、昔上野の駅で日本のご婦人に、とても親切にしてもらった経験があると言った。  一生忘れられない思い出。 少しでも沢山の方々に伝えたい出来事。 


2月7日(月)  〜 触角 〜
バスに乗る。 前方にメールを打つ若い女性が座っている。 見慣れた風景だ。 次の瞬間ギクリとする。 速い!秒速5ストローク?。ジョーダンでしょ!と見てる本人が言いたくなるよなスピードである。 かまきりの触角のような指でパチン!ケータイを閉じて終了したと思った10秒もしないうちにまた開く、メールを見る、驚速打ちを始めた。それが延々と続くのである。 最近知られてきた「携帯メール依存症」という病気なのだろうが、約40分の間繰り返されるうちに、なんだか哀れで少し滑稽に見えてきた。


2月11日(金)  〜 ソーリ 〜
まだ小学生だった長男が、ある日「おとーさん、ムネオソーリは、逮捕されたん? コイミズソーリはどうなるん?」国会議員は皆例外なく「総理」らしい。 笑いなが、正しく教えてやりながら、ふと思った。 大人だって同じようなもんだ、議員になれば皆センセーと呼ぶ。


2月14日(月)  〜 今どきの 〜
焼肉を食べに行った。我が家にはウワバミが2匹いるので、彼らを伴う場合はもっぱらチェーン店。 ふと隣のテーブルを見ると、中年のご両親と中高生のお嬢さんふたり。 食事も終わり頃、娘ふたりは携帯電話でそれぞれメール、ご両親は二人で煙草をぷかぷか。 帰ってから女将とその光景が、やはり話題になった。 女将いわく、「それが今どきの、普通の、かもよ」 やめてくれ〜っ!


2月15日(火)  〜 遠吠え 〜
ふ・・・ふ・・・ふぇくしょん!!!風邪ひいたかな?どうも顔色が悪いと思ったらチョコの食いすぎか・・←ウソウソそれとも昨夜の夜中までチョコを持ったファンの応対で睡眠不足のせいか?←大ウソ(^^) 最近この時期になると知り合いのケーキ屋さんが、いらないチョコの回収に来てくれるんで助かる←大見栄 大ウソ(^o^)/  おあとがよろしいようで。 テケテンテンテン♪


2月17日(木)  〜 一呼吸 〜
仕入れに行った。 早朝から夜まで300Km以上は走ってアッチャコッチャ回った。 帰宅して遅い夕食・お風呂。 ん〜元気元気、オマエ疲れなんか微塵も感じないゼイ。←TVドラマ「ごくせん」の主人公の調子で女将に強がった昨晩。 そして今朝・・・・・まぶたがはれて、気力体力ボロ雑巾のような私がいた。 つまり片栗粉を熱湯で といて床にこぼしたような状態。 家庭内不良債権状態。 歳を取ると、筋肉痛も疲れも激辛カレーのようだ。 一呼吸おいてドッと来る。


2月21日(月)  〜娘への貯金〜
世の中の高校生の娘は、親父を毛嫌いするらしいが、我が家ではほとんどない。 その昔、小さな娘は帰宅した私を待ち受けて身振り手振りを交えてその日の出来事を報告してた。 もちろん仕事人間の父親は、まだ幼稚園前の彼女の交友関係や、その日の母親との折り合いなど知るよしもない。 しかし彼女は父親が、すべて知っている事を前提に一生懸命しゃべりまくる。 「ミユキチャンが泣いたからミーチャンが帰っちゃったのヨ!だからね・・・(真剣に延々と続く。 登場人物が人間じゃなかったりするから、よけいにヤヤコシイ)」 それでも私は、目を丸くして大きくうなずく「へぇ〜そうだったんだっ!」  娘は、可愛い目をさらに丸くして、小さな眉間にしわを寄せて真剣にウンッ!とうなずく。 
そんな貯金が、今の関係をなんとか持たせているような気がする。 底をつかない限りは・・・。


2月24日(木)  〜愛流〜
ヨン様の次は「愛流」が流行るのだそうだ、え?知らないの〜(中年のオヤジは、チョット今どきの事を知ってるとエラソぶるのだ)。 オホン、日経新聞に掲載されている渡辺淳一さんの小説「愛の流刑地」なんである。 子持ち人妻と小説家の風林火山なんである。 過激なんである。 しかも朝刊なんで、世のお父さんを朝っぱらから「踊る大前立腺」状態にしていると、一部批判されているかどうかは知らないが、ドラマ化されるらしい。 DVDレコーダーも買ったし、準備万端。 あ、使い方まだ読んでないっ!


2月28日(月)  〜肉たらしい〜
あ、帰ってきたよっ! 早くお肉食べなさい、オトーさん。と女将が小声で囁く。 帰ってきたのは我が家の「ウワバミ野郎」長男で、本日すき焼きなんである。 彼は、我が家のすき焼きの肉が2種類ある事を知らない。 1パック5分もかからないうちに胃袋へ入れてしまう奴に和牛なんぞ食わせられん。 長男に「ほ〜ら^^今日のお肉もピンク色で美味しそうね〜」恐るべし女将。 「オーストラリア産のほうがBSE(狂牛病)感染の可能性がず〜っと低いってよ〜」 って オいっ!\(`o'")                  【夫婦より、血のつながり】


3月02日(水)  〜母娘そして父〜
フぁぇ〜〜寝っころがって野球見てたら眠っていたらしい・・・。 「おい風呂」と横の女将のお尻を揺り動かすと、「私はお母さんじゃありません。」とマルタイ棒ラーメンのCMのような妙に乾いた声。 ・・・?・・ゲげっっ娘ではないかっ! いつのまに女将と同じ大きさになっちゃったんだろ。 驚きと一抹の寂しさを覚える父親であった。


3月05日(土)  〜雪〜
フぁぇ〜〜朝・・・らしい。 長男が、寝室へ飛び込んでくる。 30秒で暗くなって、でっかいアラレが降ってきたっ! たしか1時間前にうつらうつらと窓の外を見てたときは晴れてたんだが・・・。 おお!雪ではないか。 早速酒屋に走らねば! 雪国の皆さん、ゴメンなさい。



3月07日(月)  〜 チュー 〜
高校の先生と、お話する機会があった。 昔に比べると、不登校などの問題が多くて大変だそうだ。 聞けば親のスキンシップが一番必要な幼児期に、愛情不足つまり接触が少なかった子が中高生になって問題が出てくる事が多いそうだ。 そういえば、私も仕事人間で子供の顔をろくに見てなかったっけ。 ・・・と女将が「大丈夫!毎日チュ~ してたじゃな〜い。特にお嬢には〜」 最後に鼻の下を伸ばしながら言うのがイヤミ。 夫婦より男女の血の繋がり。


3月09日(水)  〜花粉症〜
どうやら、女将の花粉症がうつったらしい。(ウツルカイッ!(n_n))朝から鼻が洪水である。 窯元に電話すると鼻声で花粉症、配送のおじちゃんもボ〜ッとして花粉症。我が妹のジュンU^ェ^U 【左の写真】も、この時期鼻がきかなくて何でも食べる(←うそうそ 元々いつでも何でも食べるヤツ) いっそこの時期全国的に「花粉休暇」を取るように決めたらどうだろう。 皆でぼ〜としながら花粉症を楽しむのである。 皆仕事してないから気が楽。 国会サロンの議員さんに、是非お願いしよう。(お酒ばっか飲んでないで仕事してください:女将) (迷惑かけてないも〜んだ。 議員センセに言ってよ:店主)3/11


3月13日(日)  〜花粉症その2〜
今夜は鍋だ鍋だ〜っと箸でツツこうとしたら。 ダメッ!うつるでしょ風邪がっ と長女が言う。 女将も菜ばしを使えと言う。 花粉症だっつうの。 どうも中年オヤジが鼻たらしてると花粉症には見えんらしい。 麗人が鼻たらしててたら、「あらかわいそ 花粉に弱いのね」になってしう。中年のひがみか?


3月15日(火)  〜這えば立て〜
保母さんから聞いた話。 ちいさな子供は、朝つかまり立ちをしたと思ったら夕方にはそろそろと伝い歩きしたりする。 そんな人生のなかでほんのひと時のかけがえのない親として最高の喜びの時を、子供と一緒に過ごせない、過ごさない人たちは、本当に不幸だし、同時に「過ごせない人」に対する制度不備に強い憤りを覚えるとの事。
このままじゃ、日本からどんどん子供が減ってゆく。 いつまでもちんたら年金問題やってる場合じゃないと思う。


3月17日(木)  〜コミュニケーション〜
女将の書道教室。 結構おしゃべり時間が長い(^^; それぞれの一週間のエピソードやお買い物情報の交換。年長者からの育児アドバイス。 その逆の流行通信など。 まあ、賑やかである。 「ご近所付き合い」が希薄になった今、女将の書道教室は大切な井戸端会議場件カルチャー教室件ストレス開放空間と化している。(n_nゞ


3月19日(土)  〜病院こわい〜
少し体調こわして病院に行った。 採血されながらふと見ると傍で看護士さんと先生が話してる「出た出た早いなA型だ」「あらほんと早いですねえ」エ・・・ううぉ〜 さっきすれ違ったキレイなお姉ちゃん、インフルエンザあ!ウッカリ振り向いてため息ついちゃったから、ヤバ〜イ。 病院終わって調剤薬局へ。 薬をもらいながら、ふと隣を見るとマスクした中学生?と母親「そうなんですう。B型ですって〜」・・・「はいそれじゃこれがウィルスを押さえるお薬で・・・」ぎゃ〜 幼児じゃあるまいし、患者本人は車の中に待たせとかんかいっ! おちおち病気にもなれん?


3月23日(水)  
人間生きていると凄い体験するもんだ、今回の地震で地鳴りと地割れと液状化現象を目の前で見てしまった。 人の背ほども泥水が吹き上がるなんて・・・。 たまたま海岸の埋立地に居合わせたのでそんな目に遭ったのだが、興奮さめやらぬまま帰宅して開口一番「埋立地は絶対買わんぞ」 「買えないでしょ!(女将)」 興奮がしゅるしゅると音をたてて冷めて現実に戻った。


3月25日(金)  〜DVDレコーダー〜
DVDレコーダーなるものを買って、ようやく簡単な使い方を覚えた。嬉しくて片っ端から録画予約を入れるのだが、見る時間がない。 夜中にようやく暇を見つけて見ると5分とかからないうちに夢のなか。  結局持っても一緒か? いやいや、録画予約するときのあの嬉しさと安心感がウリなのだ。 買って安心する流行りの服のように。


3月29日(火)  〜裏と表〜
サンレモ(音楽祭で有名なイタリアのリビエラ海岸の都市、町?)の小粋なレストラン。 三皿目くらいに、丸く平べったいすり身の天婦羅のような品が出た。 お行儀良くナイフとフォークで食べる。・・・こりゃどう考えても、うどんの上に乗っかってる丸天や。・・・でもイタリアくんだりのちょっと小粋なレストランで、皆さんにそんな事は言えねえ。・・・「い、いやあなんだかホッとするお味ですなあ あはははは(^^;」 お客様もつられて笑う。 おほほほほ(^^;。 店主若かりし頃の添乗日記である。 
どっかの王室の食事なんざ、毎晩こんな感じかなあ。 気付いて気付かぬふり。見てみぬふりをしなきゃ、あの世界はやっていけない。 いけなきゃどこかの王妃のような不幸を招く。 庶民でよかった。(^^)


3月31日(木)  〜なんのこっちゃ〜
ついに電話機が壊れた、まず子機が壊れ、ファックスが壊れついに音がしなくなった。 老衰、享年5.5歳。 
速攻新しいのを買った。 ん〜まずコンパクト、なってったって小さい。 それに鳴り分けや着信音だって沢山ある。目覚まし時計にもなる。 それを自慢げに話す息子(私)の説明を、筋金入りの新し物好きな先代は(女房だけは古い)目を輝かして聞いていた。 きっと来週くらいに実家の電話機も替わっている事だろう。
和食器屋の女将は逆に、物持ちが良い。小学校時代のリコーダーなんかまだ持ってたりする。 だからぐうたら亭主も捨てられないでいる。 神に感謝(^^)


4月2日(土)  〜未来1〜
DVDレコーダーを買って思った事は、なんてスポンサーに気の毒な機械なんだろうという事。 たか〜い費用のかかるゴールデンアワーの番組のCMも、番組録画してCMだけは確実にスキップして見るから、ほとんど意味がない。 いっそ下のほうにテロップで流したらどうだろう。 例えば「冬ソナ」の二人の食事のシーンの下に〜食事はやっぱり和食でね。 食器はもちろん「おとなの和食器屋」〜など流れたら・・・・困るか・・・。


4月5日(水)  〜心のつっかえ棒〜
先日ローマ法王が死去された。 他の宗教との融和をはかられた功績に敬意を表し、心からご冥福をお祈りいたします。 世界中で嘆き悲しむ人々を見ていると、どんな時代にもどんな民族も「心のつっかえ棒」のような物(人)が必要なんだなあと感じる。 それは身近な人であったり、先生や上司であったり、お坊さん牧師さん神父さんであったりする。
あなたの心のつっかえ棒は、誰ですか?


4月6日(木)  〜別頭〜
さあて明日は、デザート○○(皿だったりフォークだったりする)の写真撮りするぞお! の私の声に、女将と長女は胸ふくらませる。 いえいえ実際の胸はふくらみません。少なくとも女将のは・・・(T_T)。  期待です。そうです写真撮り後のデザートをふたりでかっさらうのです。 食事の後先、気分が乗らない、体調が悪い、地震台風家事女将などまったく関係なく、甘く可愛いデザートなら、夜中でも早朝でも食べます。 別腹というそうですが、そういえば店主と長男は時々我が家の女性から話しかけられても、ボ〜としている事が、とんでもなく多いそうです。そんな時頭は、別の事に飛んでます。 血液型どおり。 イメージとして胴体から頭が2本出ているようなんだそうです。 これが、別腹ならぬ別頭。


4月8日(土)  〜老い〜
おい、週に6回魚を食べると、何だか・・・ほら! え〜とあのレーガンさんが患ったの、あれになりにくいそうだぞ。 え〜いクソッ何だっけッ。 
女将:アルツハイマーでしょ。その話題3回目よ、危なくない?と〜さん。  
う、うるしゃいっ!
女将:短気と頑固は老化現象の第一歩♪
・・・・・・・・\(`o'")


4月13日(水)  〜以心伝心〜
叔母夫婦の会話(昔)
叔父:おかーさん、あいつのナニはナニやったかね?
叔母:いや〜そりゃナンぼなんでもナニやないかねえ。
叔父:あ〜そ〜か
恐るべし夫婦の以心伝心、子供心に凄いと思ったものであるが、つまりは物忘れがひどくなっていただけである。今になってわかる。 


4月15日(金)  〜歯医者〜
ヴ〜歯が痛いっ! こないだ治療したばかりやんか。 
女将:もっぺん行って治してもらったら?〜
やだ。もうあの歯医者さん行かないー。 いちどこんな目にあった歯医者さんには二度と行かないのだ〜。  ほら、「歯医者復活せん」って言うじゃな〜い。
女将:それが言いたかっただけでしょうがっ。オヤジっ
\(`o'")


4月18日(月)  〜おたがいさま〜
最近大笑いした格言「結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった。」 私も、新婚当時は会社からスキップして家に帰った。今はスキップして家から飲み屋に向かう。   「結婚前は両目をしっかりと見開きなさい、結婚後は片目をつぶるのです」 女将は両目をつぶって耳栓と鼻栓して片目を薄目くらい開いてくれてます、はい。


4月20日(水)  〜おたがいさま〜
明け方に地震があった事をいい訳に、昼間にウツラウツラと、うたた寝。 相変わらず強運というかリアル店を含めて被害なんぞ皆無の余裕からか。 そういえば超繁盛のお好み焼店のオーナーが、焼酎10本くらい割れたけど、さんすいの器が2枚割れたのが一番痛いっ。 といってくださった。 ありがたい話。


4月22日(金)  〜家庭訪問〜
女将は朝から超忙しい。 居間の掃除が超念入りだし、化けるのにも・・あイヤお化粧に、いつもの1.5倍くらいの無駄な時間を割いている。 おかしい、怪しい、ふつ〜じゃない。 覚えてないの〜っ!きょうはセンセがいらっしゃるのよセンセーがっ。 ほ〜っ、書道の先生(つまり偉い先生)か。 ちがうっ中学校の先生! な〜んだ、じゃ毎日来てもらったら、きっと家中ぴかぴかになって気持いいぞっ。 馬鹿!。


4月25日(月)  〜母優位〜
子供たちから電話がかかると、ほとんど第一声は「お母さんに替わって!」まあ日頃のお世話は母中心だから仕方ないのだろうけれど、親父としてはちと寂しい。 父の日より母の日がプレゼント需要が多いのもうなずける。 世の父よ、上司にアピールするのも良いけれど、子や妻にもアピールしよう、貴方の人生後半の幸せは、このアピールにかかっているかもよ? 背広を脱いだタダの親父より。


4月28日(木)  〜 香り・音そして記憶 〜
スーパーに入るとパンを焼く香りがする。 静かなヨーロッパの駅を思い出す。 どちらもパン屋さんが併設されていてるから。 故 坂本九さんの「上を向いて歩こう」を聞くと幼少の頃の懸命に働いていた両親の姿を思い出して胸がキュンとなる。 同じ音・同じ香りも、皆それぞれに違う記憶を持っている。 器も壊さずに持ちつづけたい、優しくて懐かしい記憶とともに・・・。


5月1日(日)  〜ぐうたらで行こう〜
5月の声を聞いたとたん、春雷と春雨。 ここ数日、眩い陽光のなか、家で仕事をしていて、ようやく外遊びだっ!と思っていたので、すこぶる不機嫌。 いやいや、休みは長い。 朝寝朝酒朝湯を楽しんで、野球を見てウツラウツラ寝て、食っちゃ寝食っちゃ寝。 結構忙しくて楽しい。


5月4日(祝)  〜休日の脅迫〜
天気がイイと、貧乏性の私は何かしなくちゃ、写真撮り?庭の手入れ? 女将は布団乾し? コレに休日が重なると、どこかに出かけなければ非国民であるかのような脅迫観念にとらわれる傾向があるのに最近気づいた。 こと遊びに関しては、計画性がないうえに生来のぐうたらも手伝って、このていたらくなのだが、何故か脅迫観念だけは未だに消えない。 旧仏領(例えばタヒチ)のリゾートで、一日中海を見てぼんやり楽しむ欧米の人々を見ていると文化の違いを感じる。


5月7日(土)  〜めでたい〜
和食器屋システム担当のキヨちゃんがめでたく結婚する。 おめでと〜♪ 40過ぎてて、ちょいと晩婚なんだが、いまどき結構普通らしい。 うんうん(^-^)楽しかろう、珍しかろう、嬉しかろう、それから先は言わん。         【やっかみ店主】


5月9日(月)  〜中高年の出費〜
店主の今週前半のスケジュール、月曜鍼灸院・火曜ジム・水曜歯医者・まるで中高年の典型的なそれである。 コレにビタミンなどのサプリメントの費用を加えると「健康」への出費は結構なものだ。 これにカツラなんかかぶってたら・・・ぞっとする。


5月10日(火)  〜たまには真面目に〜
先日、「たけしのTVタックル」で日中問題の討論があった、相変わらず賑やかな番組である。 ただ、大事な事を忘れているような気がしてならない。 中国人は面子(メンツ)をとても大事にする民族。 日本人は死ねば罪人もみな仏という考えがある民族。 ソコを最初にお互いによく認識しなきゃ折り合いつかない。 お薦めの本がある「日本人と中国人(異文化交流の楽しみ)」 汪 洋 著 (彩流社)  身近な食事や習慣・子育てなどを題材にした肩のこらない内容。 中国との関わりの有無を問わず、楽しい本ですよん。


5月12日(木)  〜歯医者〜
言っとくが店主は、腰抜けではない。 でも、歯医者は大キライだ。 チュイ〜ンというあのドリルで削られると、心臓が止まりそうになる。 少しでも神経に触れたら大変、アゥッ!と悶える吼える目で訴える体はえび反る。 先生も大変 「ハイ、肩の力を抜いてぇ」・・・ヌ、ヌケルかぃ!この非常時にっ・・・「おとぎさん痛かった?死ぬかと思った?」・・・終わった後で楽しそうに言うなあ〜・・・。 帰宅後は、女将に肩をモンでもらいながらしばらく放心状態。 復帰まで半日を要する。 あのドリルがなくて、美人の衛生士さんがいたら、毎日でも通うのだが・・・。


5月16日(月)  〜ジム〜
週末になるとジムに行くのだが、帰った後のビールが美味しくて、つまみがキュウリをチーズで巻いたものや、なんやかんやと食べるもんだから、体重はち〜とも変わらない。  おまけにその度に腰や膝が痛くなって、しばらく休んでしまっては、またジムに行ってサウナ入って、気持ちよく飲み食いする。 結局のところ、脂肪は出て行かずストレスとお金は発散している。


5月20日(金)  〜ジムその2〜
週末になるとジムに行くのだが、先日ジムの後にリラクゼーションルームで足裏マッサージというのを女将と一緒に受けた。 アジアンチックなガムランの音を聞きながらマッサージを受けるアレである。 気持いよ〜い。 が、そこは男の情けなさ、なんだか交感神経と副交感神経が妙に絡まりあったような気分で・・・。 つ、つまり若き女性の方に施術していただくわけである。 女将はもちろん副交感神経大全開で超リラックスできたそな。 あ〜あ。


5月23日(月)  〜良食口に堅し〜
半年ぶりくらいにハンバーガーを食べた。 あれ?前と違う、妙に口どけが良い。 つまりお肉までもがパラリとほぐれて、口の中でふわあっと無くなる感じ。 そりゃ子供は喜ぶだろ、おまけももらえたりするし・・・。 デパ地下の販売では、連れの子供に「美味しい〜」といわせたら勝ちなんだそうで、ん〜なるほど〜 と感心。 TVを見ていたら、永久歯が生えない(つまり乳歯の下に永久歯の胚がない)可愛そうな子供たちが増えてるそな。 あの小さな乳歯で一生とはあんまりだ! で、さっきのハンバーガーの事を思い出した。 人類から永久歯がなくなる?。


5月25日(水)  〜歯磨き〜
可愛い私の妹、ジュン(写真左)がじゃれついて噛み付く。 いてててこらっ♪ ふと見るとご存知のように、鋭いがキレイな歯である。 歯並びもよい。 ん〜美犬美犬。 ところでオマエ歯磨いてるんか? 磨いてないという。 でも虫歯ないよなあ。 おっかしいなあ。 人間はすぐ虫歯になるぞ、エ? 美味しい物ばっか食べ過ぎ? でもドッグフードにご飯はなあ〜。 え?ご飯がだめ? 玄米? さよか。


5月27日(木)  〜母語〜
母を車に乗せて送ってゆく。 「あんたナミはどうした。」
は?奈美? そんな女知らんぞ。 さてはついにボケたか。 「ほらそこに付いとったナミよっ」 なみ?ナミ?・・・あ〜ナビ・・・ナビゲーションの事である。 画面が違うだけよ。 と変えてみせる。 帰って女将に話すと、それ何年も前からよんと言う。 そういえばナビゲーションよりナミゲーションのほうが、なんとなくゆらゆら迷いながらたどり着くようで、現実味がある? 「あんたこの香炉、インテリとしてもいいじゃない?」 インテリアの事である。


5月31日(火)  〜サプリメント〜
え〜と、腰痛いからビタミンとカルシウムと髪に良い海草のエキスと・・・。 supplement(補う)? トンでもない、ほとんど精神安定剤。 つまり飲んで安心してるだけ。 誰か偽物のサプリメントを安く提供してくれないだろうか、黄色のビタミンもどきや白のカルシウムもどきなど・・・。
きっと効果は一緒だから・・・。


6月01日(水)  〜特保〜
最近特保に弱い、「特定保険用食品」(←クリック)の事である。 ヨーグルトは○○菌の特保、お茶は体脂肪が気になるから、ちょっと高いけど特保のヘル○○。 おとーさん、そんなもん飲んで少しは変わる?(女将)。 そりゃおまえ特保ちゅーくらいだからSpecial Keepだろ、つ、つまりその、特別現状維持だ。   意味わからん!


6月3日(金)  〜悲しいときぃ〜
悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜)素敵な和食器を手に入れてすぐ割ったときぃ〜。 悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜)得意げに見せびらかした時に、あ,ソレ持ってるぅ。と言われたときい〜。 悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜) 得意げに見せびらかした後ぉ、うっかり洗うのを手伝ってもらって割られたときぃ〜 。
悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜〜〜〜〜)(T_T)


6月6日(月)  〜悲しいときぃ〜その2
悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜)ジムにうっかりステテコをはいて行ってしまったときぃ〜。 悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜) ランニングマシーンで、隣の可愛娘ちゃんの手前、スピードガンガン上げて走って、マシン降りるときによろめいて若い女性のトレーナーに大丈夫ですかと支えられたときぃ〜。 悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜) 超かっこいいぴっちりモッコリスイムパンツに黒いキャップに度つきのゴーグルできめて、おばちゃまたちに混じって水中ウォーキングをしているときぃ〜 悲しいときぃ〜(悲しいときぃ〜)(T_T) 何が悲しいって、ノンフィクションなのが悲しいとです。


6月10日(金)  〜ひいき〜
職業上、ひいきのスポーツチームなんて恐くて言えない。 うっかり言ったら少なくとも20人くらいの方から断交される。 久米さんや筑紫さんのように、ましてや徳光さんのような勇気はない。 でもおおいに語りたいのである、勝った時など、どれだけ言いたい誘惑にかられる事か。宝くじで10万円当たった時のような気分。(当たった事ないけど)


6月11日(土)  〜店主です〜
店主です・・・・タマに若い女性から声かけられると、たいていポケットティシュを渡されます・・・・・。 店主です・・・・タマにカラオケで歌うとき、1番を唄っている時は手拍子、2番のときはページをめくる音しか聞こえてきません。 店主です・・タマにカラオケに行くと88%知らない歌です。 店主です・・・私は店長ではありません、転調もできません。 


6月13日(月)  〜ひがみ〜
ワハハハ・・イタタタタ。 へへへ・・イタイタイタ、やめて〜
女将がTVの漫才見ながらよがっている。 昨日、ジムで泳いできたのだ。 長身で大大昔は選手だったらしく、泳ぐ姿だけはカッコ良いのだが、隣で平泳ぎならぬ犬かきのようにしか泳げない私はすこぶる面白くない。 ところがその女将も、よる年波には勝てず腹筋と背筋が塊状態で、本日イテテテ状態。 へへへ、調子にのって泳ぐからさ。  《ひがみ店主》 


6月15日(木)  〜どうでも?〜
どーでもいいですよ〜♪:和食器を重ねるとき、つい大きめの物から重ねてうまくゆかずに何度もやり直す。 どーでもいいですよ〜♪:茶柱が立つと、お知らせメールをする。  どーでもいいですよ〜♪:今日、どうやった?と聞かれたら、まあボチボチと答える。  どーでもいいですよ〜♪:今何してるウ〜 今?、今ねランチ中で〜す(^^) などという、つまらないメールのやり取り。  どーでもいいですよ〜♪:女将が通販で買ったエクササイズ器具  どーでもいいですよ〜♪:店主の養毛剤。


6月18日(土)  〜ありがとう〜
「いつもありがとう。」 最近ある若い男性のお客様の依頼で、父の日の品に添えたメッセージである。 男同士というのは、やっかいなもので、なかなかその思いを口に出しては言わない、言えない。 メッセージを頂戴したとき、私の父と私、そして息子の事が頭をよぎった。  本当に短いメッセージだけれど、親父はきっと嬉しいだろうし、きっとわかってくれるだろうし・・・。 言葉は宝物だと思う。


6月21日(火)  〜○○重い?〜
店主がプールでクロールすると足が沈む。 つまりカッコよく水しぶきなんてぜんっぜんたたない。 と、女将に偉そうに指摘されたので、トレーナーに聞てみると、男性はある理由で浮きにくい傾向があるそな。 早速、隣のコースで嫌みったらしくスイスイ泳いでいた女将に、男は浮きにくいんだそうだぉ〜おおおと得意げに言うと。 「・・・おちんちんがあるからああ?」  直ぐに潜水して他人の顔した。 正解は筋肉量が多いから。


6月24日(金)  〜迷惑も、たまには楽し〜
社長? ただ今外出中です。 ハイ本日戻りません。 ここ2・3日見かけてませんのですよ〜すみませんねえ。 毎日いろいろかかってくる迷惑電話に、最近は怒らずに少し楽しませてもらうようにしている。 そうでもしなきゃストレスたまって仕方ない。 皆さん個人のお宅ならばこんなのいかがでしょ。「え〜ユウちゃん? まった〜ユウちゃんでしょ? この忙しいときにそんな冗談やめなさいって!切るわよもういいでしょ今忙しいからじゃあね。」 ガシャ! (ポイント:相手の言う事に全く反応しない。会話を成り立たせない)


6月25日(土)  〜季節感〜
最近暑い。 温度だけだと、少し前のボーナス商戦も終わって、世の中の子供たちもそろそろ夏休みって頃と変わらない。 なんだかビールもいまいちだし、暑いねえ(^^)と挨拶する気にもなれない。 蝉の音(ね)である。 これに蝉の音が聞こえたら、なんだかビールとカチ割氷と素麺が欲しくなる。 季節感は音が大切だと、つくづく思うのでした。


6月28日(火)  〜同じ味〜
鮮度が命、切れ味爽快!皆さんご存知のビールを久しぶりに飲んだ。 ン、マ、イ〜〜 ・・・ん? 味が前と違う。苦味は前とオンナジだが、こ、この味は、まるで○番しぼりと同じじゃあねえか。 あんれま、ちょっと飲まないうちに変わっちゃって・・・。 ん〜ん〜良い良い。(店主)
久しぶりに発泡酒からビールに変わったもんだからトーサン舌まで興奮しておかしくなってるよ。(女将&長女)


6月30日(木)  〜不眠〜
寝苦しい夜が続いている。 眠れないと思うと、何となく暑苦しく明け方までうつらうつら・・・。 こんな時は、床に仰向けになって夜空を眺めながら大の字で寝る。 というより、満天の星や月光にかすかに映し出される流れる雲を見ていると、自分がちっぽけに思えて、眠れずに焦っているのが馬鹿らしくなる。 こんなに考える時間があるなんて・・・などと本気で思ったりするから不思議。 そのうち夜の闇に意識も溶けてゆく。 


7月2日(土)  〜作り甲斐・働き甲斐〜
ん〜〜〜そうめんのダシが旨いっ!!! と思わずつぶやく。 女将は何も言わないが嬉しそうである。 毎日の献立には苦労しているようだが、週に何度かは?力を入れた料理が出てくる。 美味しい時は美味しいと作った人に言うのが最低限の礼儀だと、最近思う。 会社から帰った人に「お疲れ様でした」と言うのと同じ様に、報われる瞬間である。 夫婦・恋人・友人・親子・介護・・・例外はない。


7月5日(火)  〜録 画〜
見たい番組はすべて録画して後から見るのが習慣となってしまった店主は、番組途中の「ただいま地震がありました」というテロップに録画再生している事も忘れて、「おい今地震あったかあ」などと聞く始末。 女将は昨晩の筑紫哲也さんを昼間に見て、「あんら、筑紫さん昼も働いてるんだあ」    時代に取り残されそな家 


7月7日(木)  〜ったく、誰が〜
見たい番組はすべて録画して後から見るのが習慣となってしまった店主の録画した野球の試合を長男が先に見ている。 ったく、誰が録画したと思ってるんだ。 ・・・ん・・んん! 画面の中にまた画面がある、ななんだあこれは! と驚く私に、長男がメンドクサソ〜に説明する。これはタイムワープといって、録画した番組を見ながらリアルのTV番組をちょいと見る装置だと。 レコーダー買って数ヶ月もたつのに、まだそんな事も知らないのかといった口ぶりである。 ったく、誰が買ったと思ってるんだ。   《タイムワープできない親父》


7月9日(土)  〜お家が一番〜
あるレストランのオーナーのお話し。 「私たちは沢山のメニューの下ごしらえや準備をしなければならない。 その為に、どこかしら妥協しないといけない部分がでてくる。 家庭では、少なくとも家族が食事を始める前からメニューがわかっていて、家族が食べ始める時間に合わせて作る。 こんな贅沢はない。 普通のレストランは、家庭でのご飯には、実はかなわないのです。」  ん〜なんだかわかったような恥ずかしいような・・・我が家でも出来合いが時々登場するし・・・。


7月11日(月)  〜粗大ごみ〜
「ご家庭でぇ〜ご不要になった電化製品や家具などぉ〜ございましたらどうぞ〜お出しぃください」時々回ってくる廃品回収業者さんの声。 あ〜あこれも出せんのかしらん、ため息混じりに女将がお尻と太ももの辺りをポンを叩く。 お金にはならんなあと店主混ぜっ返す。 いや200万ほど払わないと引き取ってくれないんよ(女将)  げげっ!美容整形かい! 溜めときなはれっ、死ぬまで大事にためなさい。 


7月13日(水)  〜予言〜
早くも店主の予言が当たりそうである、TV番組のネット配信が始まるんだそうだ。つまり15分100円などの値段を払ってCMなしの快適ドラマを見るのだそうだ。 どの道店主のような録画族がドンドン増えていけば、CMはほとんど見られなくなる。 でも店主にとっては、今の視聴料無料TV(除NHK)の方がありがたいのだが・・・。


7月15日(金)  〜嘘〜
私の会社員時代の小柄な後輩は、公文書偽造いや虚偽申告をしているらしい。パスポートに記載されている彼の身長は実際より2cmは高いらしい。最初の申告の時に背伸びするから、その後20年近くも嘘をつかなければならなくなる。 アイドルのスリーサイズやオヤジさんのカツラと同じ。 そういえば女将の身長は自称169.5cmだが、賢明な読者諸氏にはお見通しである。


7月17日(日)  〜傷〜
野球少年長男の頭をバリカンで刈る。 刈るという表現が実にふさわしい。 なんたって5厘(0.5mm)の長さ、つまりスキンヘッドの一歩手前。 ところどころたくさん小さな禿(ハゲ)が出てくる。 これは子供のころ転んで血がでた傷の跡。それは多分水疱瘡の跡・・・・。 脛(すね)に傷持つのは男子の誇り?だが頭の中(正確には髪の中)にも様々な人生が隠されているのかもしれない・・。


7月19日(火)  〜変節〜
日本語の勉強をしている外国の方は、時代劇はあまり見ない方が良いとかなんとか・・・。「拙者は」とか「おぬしの」とかいきなりビジネスで使われたら大変。  最近はヤバイ(危ないという意味ではありません、これ好きになりそうで危ないという意味から派生して「素敵」というとんでもない意味に使われています。つまり「これって超ヤバクない?」=「これ、すごく素敵(美味しい)じゃない?」)。 海外在住の方、腰を抜かさないように。 まあ、言葉なんてぇものは時代劇の頃から変わったように、これからも変わってゆくのだから、あまり目くじらたてるのも空しいのかも知れません。 500年後の国会答弁で首相が「昨今の青少年の犯罪が超増えてる事は、超遺憾でありますが、本法案はかかる現状には大変好ましく超ヤバイと思われるのであります。」と答弁しているかも知れない。  次回も言葉のお話し、お題は「おばちゃん、おまえもか?」 お楽しみに〜(^o^)/


7月21日(木)  〜おばちゃん、おまえもか?(言葉の病)〜
リアル店にお客様、「あら?コレ可愛い〜い・・・・・これも可愛いじゃな〜い。」 そろそろ成人しても良いようなお子様がいるはずのおば様である。 美しい・きれい・素敵・カッコイイ・味がある・・・私たちの日本語は様々な表現を持つそれは美しい言語なんだそうで、そういうのをひっくるめて「可愛い〜い」で片付けてしまうのは、あまりに寂しいなあ。でもまだ語彙数も少ない学生さんの使う言葉だろう、なんて油断してたら大間違い。 そう、伝染するのである。 くわばらくわばら。 そういえば店主も道を歩いていてミニスカートを見かけると「可愛いじゃん」とかなんとかいいながら振り返る。←それって別の病気!(女将)


7月25日(月)  〜人生夢まぼろし〜
ハッ・・・と気がつくと、前回の日記から4日もたっている。 この歳になると、毎日が恐ろしく早い事に気がつく。 先日親父にその事を話したら、40歳代が快速電車なら70歳台はリニアモーターカーなんだそうで、アッと思ったら1週間過ぎてるそうである。 80歳まで生きた人の折り返しは点は40歳ではなく、感覚的には25歳くらいかも知れない。 だからこそ人生の目標を決めるのは、早いほうが良いのだろう。
人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢まぼろしのごとくなり 信長


7月27日(水)  〜勘〜
歳を取ると妙な勘が働く。 特に無欲の時には・・・。 好きな北島選手の100mの決勝前、なんとなく「勝てないな、強がっているようだけど不安気だ」と思ったが、泳ぎ始めるとファンに戻って「欲」が出てくる。い、行け〜ェッ! 声援むなしく2位。 世界2位で残念なところが北島選手のすごいところなんだが、やっぱり当たってしまった。 そういえば亡くなった恩師も言ってたっけ、「歳取ると妙〜〜〜に勘が働く、いやな予感がすると、たいてい当たる」 良い予感も働いてもよさそうなもんだが。 邪魔になるのはやっぱり「欲」か?


7月29日(金)  〜いまいちわからない事〜
勝った負けたと沢山の人がおおっぴらにパチンコしてるのに、賭けマージャンや賭けゴルフをおおっぴらにすると警察に捕まるらしい事。
休日サラ金さんのキャッシュディスペンサーから1日だけ1万借りるより、銀行のそれから1万円自分のお金を引き出した方が、高くつくらしい事。 浮気をするとたいていバレル・・・らしい事。 女将が妙に優しいと、必ず物が増えている事。 


8月1日(月)  〜眠気〜
長男が元気にTV(なんとかいう野球の漫画)を見ている。 女将にギャ〜と言われて渋々勉強始める。 約2分〜3分30秒ほどで眠りコケル。 女将にウギャ〜といわれてヨダレをススリながら起きる。 1分弱で再度眠りコケル。 それを面白く鑑賞しながら、ハッと気づくと店主も寝ている。 ディスプレイに延々と6と7が続き、額にはキーボードの跡がくっきり付いている。 遺伝?だろか。


8月4日(木)  〜ラーメン〜
最近、この暑いのにラーメン流行である。 地球の周回軌道上の野口さんも特殊な宇宙ラーメンとやらを食べたそうで、スープはどうなってたんだろう? いやいやあれは焼きそばみたいなもんで、麺にスープ味が染み込ませてあるだけだ。 いや違う、別にチューブに入ったスープがあって交互に食べて吸って口の中でドッキングするんだ。など地球上の我が家の食卓では、かまびすしい議論を呼んでいる。 納豆あたりはラーメン程難しくないと思うのだけど・・・・。 NASAの皆さんいかが? え?普通のアメリカ人には臭いだけ? 迷惑? 確かに。


8月6日(土)  〜夏風邪〜
ウ・・ウゥェクショ〜ン〜、じゅる。 昨晩窓全開で寝たので鼻風邪引いたらしい。 くしゃみのたびに女将と娘が逃げ回る。やれ口に手を当てなさいだの、あ〜飛んできた〜だの、ティシュが駄目ならタオルくらい持ち歩きなさいだの、とにかくうるシャイ!。 試しに実家の愛犬ジュン♀(写真右)の前で思い切りくしゃみをすると、猿飛サスケのように飛びのいて身構えた。 ん〜お前もか。  
お里帰りのご贈答は和食器屋で。 ←たまにはCMなんぞ。


8月8日(月)  〜会話〜
お、おいっ! 衆議院が解散らしいぞッ。 大変な事になったなあ〜。 何が大変なのと女将。 そりゃおまえ、選挙があるじゃんか。 選挙って小学校に行くだけじゃなあい。 そ、そりゃそうだけど・・・今度のぁちっとばかし違うぞ、政権変わるかもしれんし。 変わるとなにか変わるん?  高速道路通行料が安くなって、国会議員が半分位になって、郵便料金も下がって、税金も下がって・・・ ほんと?助かるねえ。いやいやそれが金を使わせて景気浮揚させようとする政府の陰謀だったりして・・・へへへ。 夫婦のボケた会話は延々と続くのであった。


8月10日(水)  〜こけおどし〜
ある作り手から教えてもらった。  有名な大ギャラリーの受付嬢から聞いた話しだが、陶芸の偉い作り手の方は、あっけないほど普通のオジサマで、普通の格好に普通の物腰で、お名前を聞いて驚く事がしばしば。 それに比べると作務衣にぞうり、髭なんぞ生やして髪を後ろで結んでるような方は・・・ちょっと・・・・。 はっきり言わないところが受付嬢の奥ゆかしいところだ。  この法則、以前店主がメルマガでお話した事と、見事に符合する。 店主もそんなカッコしているつくり手は、まず避ける。 まず駄目。 8〜9割がた間違いない。 え?お前も髭あるじゃないって? 髭だけです。 髪は結べないです。 ないから。


8月17日(水)  〜お盆〜
お盆である。久しぶりに両親と弟、そしてそれぞれの嫁とで飯を食う。そろそろ四捨五入で八十になりそうな親父は益々意気軒昂。 いっぱい飲んで舌も滑らか。 「最近の若いのがホラ、板に乗っとるだろが。ほら、あのスケベー。」  ・・・スケボー(スケートボード)の事である。 「結局アメリカはビンデラを泳がしとったんじゃ!」 ビンデラではなくビンラディンである。 時々入るお袋のボケた合いの手とともに、息子夫婦四人は(^^)でそれに耳を傾ける。 里帰りする祖先を迎える事よりも、元気な親を見るのが 嬉しいお盆だった。


8月20日(土)  〜テカリ〜
店裏でPC相手にお客様にお返事書いてると、お店からお客様と女将の声。 「それでさあ、最近寝室に入ると臭うのよ、よくみると主人の枕と布団なのよ〜」 だ、ダレだ? 「ウチもそうかもしれないですねえ」ゲッ女将だ。 キーボードをたたく力が萎えてくる。 「うちの主人なんか、会社で昼休みに顔洗うらしいんだけど、帰る頃には脂ぎってピッカピカのベットベとなんだから、やよねえ〜」 「ウチもそうかもしれな〜い」 店主膝をそろえて小さくなる。  「昔さあ、ポマードテカテカヘアーで、お肌ギラギラのなんとか総理っていたじゃな〜い。 あんな感じよ〜」 「いや〜ん!」  店主、裏口から散歩に出る。


8月22日(月)  〜息子の思い〜
ジムに通い始めた最初の頃、ロッカールームでパンツ一枚になると何か違和感を感じた。 ムム(・・; コ、コレは・・・下着だっ!(_ _; 私のブリーフはごくクラシックな白の、つまり幼児がはいてるパンツと同型である。 周りは・・・エクササイズやるときのような少し長めのぴっちりブリーフだったり若い人はビキニタイプだったり、おじいちゃんでさえトランクスタイプの柄物である。 早速次の日、女将にだだをこねてグレイの長めのかっこいいのを買ってこさせた。 そういえば小学生の幼い頃の長男が、林間学校かなんか行く前に、ブリーフが恥ずかしいと母親にだだをこねてトランクスを買ってもらってたっけ。 男が下着ごときで、なんじゃあい!と叱咤した父が、息子の思いを知った日でもあった。


8月24日(水)  〜ハゲ考〜
飲み屋での友人の話。 職場の旅行で、風呂に入ったとき隣のバーコードハゲ(注:残った耳上の髪を長〜く伸ばして反対側までポマードなどでぴたりと貼り付けて頭頂部のハゲを隠す手法だが、悲しいかな隙間がしっかり出てバーコードのように見える状態)の上司が髪を洗うとき伸ばした耳上の髪を拍手をうつようにパンパンといとおしく洗っていたという。 友人いわく、あんなに髪を甘やかすからハゲるんや! ごしごし洗わんかいっ! と言えなかったが、思ったそうな。 ちなみに店主はしっかり薄いがゴシゴシ洗う。 それでもしっかりハゲル。


8月26日(金)  〜中年性懐疑症〜
最近歳のせいか妙に疑り深い。 娘が自転車じゃなくて歩いて塾に行くと言うと、ボーイフレンドができたんじゃないだろかと疑うし、このところの株式市場の妙な活況→機関投資家が煽っている→機関投資家といえばアメリカ→アメリカに都合のよい日本の政権の選挙の為 とか、最近の経済新聞でやたらと個人消費が伸びただの、景気が回復してるだのの記事が多い→新聞広告のスポンサーは財界→財界に都合のよい政権の選挙為だの・・・ともかく疑り深い。 そういえば昨夜、女将が妙に優しかったなあ・・・・油断大敵、何か物が増えているハズ。


8月30日(火)  〜虫の音〜
衆院選が公示された。 ネンキンだのユーセーだのヤスクニだの、また大音量のスピーカーの声の日々が続く。 まあ、大事な日本の選択なんだからね。  と同時に、秋の訪れを少しずつ感じる季節でもある。 秋刀魚は初物が出回っている。 何より、りんりんと虫の音が聞こえる。 ね〜ね〜ね〜と、これは我が家の金食い虫2匹。 ベンキョベンキョベンキョとは、長男にとってのママゴン虫。 まあそれはムシするとして。 ガアガアガアとは店主のイビキ。


9月1日(木)  〜微妙〜
中学校から帰った長男が報告に来る。 「ボク、ホームラン打ったよ」ほうそりゃ凄い。 で、センターオーバーか?レフトオーバーか? 「ん〜〜よく覚えてない」 ガクッ! まあそれほど嬉しかったという事か。・・・と女将「そんな事よりアンタもうすぐ実力テストでしょ! ウギャギャ〜」 (注:このウギャギャ〜というのは、店主の記憶のなかでは、そんな風にしか残っていない為、このような表現になりました。 実際には超早口のお説教) で、お前 実力テストの準備はどうなんや?「実力テスト?・・・ビミョウ」 


9月3日(土)  〜声の案内〜
最近説明書をあまり見なくて良いファックスができたそうな。 送り方・登録の仕方・インク取替えなどすべて声でお知らせしてくれるんだって。 それなら外出する際の留守録セットの時は、「鍵・携帯電話・免許書持った?」などと話してくれないだろか。 「いつ帰るの?さ・み・し〜い」などという女性の声のバージョンも独身男性の為に作ってほしいものだ。 店主はいらないけど。


9月10日(土)  〜若人賛歌〜
仕事の合間を見つけて長女の体育祭に顔を出す。 校庭をから運動場へ行くと浴衣姿(浴衣でダンスがあったらしい)の女子高生たちとすれ違う。 キャぴキャぴで若々しい薫りがして、ン〜〜なかなか良い良い。 少しして甚平姿の男の子たちとすれ違う・・・・ヴ〜〜男っくさ〜。そういえば最近長男の頭もそんな臭いがしてたっけ。 男ってのはしょ〜がねえな〜、などと思いながら入場門を見ると、上半身裸の男の子たちが待機している。 気合入れている。 少し例外もいるが、そのほとんどは、体脂肪率コンマ何パーセントじゃなかろかという美しい体である。 ん〜男の子も良い良い。 若いって素晴らしい♪


9月12日(月)  〜サルが木から〜
総選挙も終わり、街はようやく落ち着きをとりもどした。 新聞では候補者の皆さん悲喜こもごもである。 「猿は木から落ちても猿だが、議員は落ちたらタダの人」なんて言い古された言葉。 では、こんなのはいかが・・・「猿は木に上がっても猿だが、人間は上がったら『先生』になる」 〜お猿さん、謙虚に思える、今日この頃〜 


9月14日(水)  〜ほんまかいな!〜
ふぇ〜・・、寝ぼけまなこで朝刊を見る、1面の下の方には図書の宣伝、「奇跡の一滴が脳に効く」何々?ポリフェノール?おお!ワインか。 「七十路を生きる」なるほど、そろそろ団塊の世代が引退するからなあ、グッドタイミング。  「こんな簡単な事で精力がつき困ってしまった!」 ほ、ほんまかいな! この題名。 つい値段を見てしまう店主であった。


9月16日(金)  〜4D結婚〜
よく独身の男女から、どうやって結婚したんですかあ。 などというウブな問いかけを受ける。 3Dだよ3D。 え?なんすかソレ。 わからんのかい、打算・妥協・惰性。 大うけする。  先日既婚者の方から、いんやもうひとつ大切なものが抜けてるとのご指摘を受けた。 4つ目のD、度胸である。 強く賛同。  女将の手前言うと、私の場合「打算」はない、あとの3つについては、コメントを控えます。 ハイ。


9月19日(月)
総務省によると国民の5人に1人が65歳以上なんだそうだ。 店主が65歳以上になる頃には3人に1人が・・・?。 平成3×年、カラオケなんざ懐メロ全盛、サザンがリクエストNo1だったりして。 ていうか桑田さんその頃いくつ?


9月20日(火)
明石家さんま氏によるとサザンの桑田佳祐氏が自宅で作曲中に歌っていると、夫人である原由子さんが台所でハモるんだとか。 ハ〜なんて素敵な光景なんだろ。 和食器屋では店主が歌っていると、「仕事してくださ〜い」と女将が鼻歌で返す。


9月21日(水) 〜若年寄的・・・〜
最近の(こんな言い方が年取った証拠なんだが)の話し言葉に、何だか当たり障りのない表現が多いのが気になる。 昔なら好きな娘に、「お・・・オレ・・・お前のこと好きだから。 つつ付き合ってくれッ!」と言って、相手にもはっきりとYesNoを求めていたが、最近は最後に「な〜んちゃって」や「な〜んて思うんだけど」が引っ付いてくるようだ。相手も自分も傷つきたくないのはわかるんだけど。 何だか大人臭くって引っかかる。 長男に、女将が今日の夕食の味を聞いている。 「ビミョウ」とだけそっけなく言って立ち去った。


9/24日(土) 〜人間観察〜
車の運転をしていて面白い事に気が付いた。 人間は運転中に動揺すると自分の髪を触る傾向があるという事。 特に女性の場合はほぼ9割に近い。 男性では若いドライバーに多い。 取り繕おうとする気持ちがそうさせるのか、隠しようがない。 運転中に相手のミスでヒヤリとさせられたら、観察してみてください。  え?おまえはどうだって?。 触りません。 乱れますから。 少ないので。 ちなみに中年以降の男性と中年のもっと先の女性は、あまりその傾向はありません。 男性は髪の量、女性は・・・・・動揺しなくなっちゃうのかしら(^^)


9/26(月) 〜台風より怖い〜
米南部ではハリケーン「リタ」が猛威をふるっている。 前回の「カトリーナ」より小さいのが不幸中の幸い。 日本も台風に名前をつけたらどんなもんだろ。 「大型で強い台風マサコは次第に勢力を拡大しながら、現在枕崎市の東南を時速20キロで北北東に・・・」日本中のマサコさんは大迷惑。 やつぱり駄目か。 恐妻家のマサコさんの旦那は、妙に納得したりして・・・。 その頃、日本海に抜けた中型の台風「シモジロウ(これがなんとマサコさんの旦那と同じ名前だったりして)」は急激に精力じゃなかった勢力を弱めながらまもなく温帯低気圧になり消滅したりなんかして・・・。  仕事しないと暴風雨が吹きますのでこの辺で。


9/28(水)  〜 疑 問 〜
昼間は、少し忙しくしていると汗ばむほどの陽気だが、夜窓から入る風のなんと涼やか・・・いや冷ややかというべきか。 冷ややかといえば楽天球団の監督が解任された事、全国の野球ファンは冷ややかに見ている。 もはや、「土を耕し、種を蒔き、水をやって収穫する」農耕民族のやり方は通用しないのだろか? 日本もアメリカ式(狩猟民族的)になってきたのかしらん。 ますますストレス競争社会が拡がるような気がしてならない。 そして、ますます家族の大切さが見直される様に必ずなると思う。 学校も教育より競育に変わったりして・・・。


10/01(土)  〜夫婦について〜
料理の上手な妻の亭主は浮気をしない。 という格言があったと思うが本当だろか? 昔は、一般的に亭主が稼いでたので、うなずけないでもなかった。帰宅して変わり映えのない食器に出来合いやレトルトのお料理が出て、お掃除が行き届いてなければ「誰のためにがんばってるんだ」という疑問が湧いてくる、これが火種。 人間だれしも誰かのためにがっばってるんだっ!という証しというか生きがいが欲しいもの。  しかし現在、これだけ共働きが増えてくると、その逆もありえるんだろか。 「うちの亭主ったらさあ。こっちは疲れて帰ってきてるのに、ろくなご飯も作ってないんだからあ」。 いや待てよ、小さな子供がいるお母さんも大変、「数時間ごどにおっぱいあげなきゃでしょ?急に熱は出すし、だんなの両親は来るし、亭主が帰る頃はヘロヘロよっ」ってな声も聞こえてくる。 ん〜なんだかこんがらがってきたので、このへんで。 いやいや最後に一言、「夫婦生活をできるだけ長く続けたいならば、たくさんの思いやりと少しの諦めが肝心です」 まもなく夫婦生活20年生の今のところの結論です。ハイ。


10/04(火)  〜夫婦の○○○について〜
私のバツイチの友人によると、このごろ その友人の周囲は結婚が多いのだが、どうも必須アイテムとばかりダブルベッドを購入するようである。 友人の調査によると本当にダブルベッドが夫婦のものとして使用される期間は短いのだが、一応みんな買ってみるらしい。 友人は「ベッドじゃなくお布団を買ったからだめだったのかしらん、次はベッド買おうかな♪」などとともらしている。 ちなみに和食器屋夫婦は布団でここまで持ったが、最近ベッドになった。 よる年波で布団の上げ下ろしがしんどいから。 それにシングル×2である。 和食器屋夫婦にベッドの有無による関係崩壊はありえない。 あるのは、ぐうたら亭主が見捨てられるか否かだけである。 


0/06 (木) 〜夫婦で数次旅券〜
結婚するときに、女将から新婚旅行は一時旅券(1回の渡航にしか使えないが、取得費用が安いパスポート)にしとこうか、と言われたので、いんや5年以内にはまた海外に連れて行ってやるからと数次旅券(有効期間5年)を取らせて、結局連れて行かなかったかったので、20年近くたった今でも文句を言われる。 あと30年は言われると思う。そういえば結婚は一時旅券みたいなもんだな。 数次旅券じゃなくて、数次婚券(有効期限10年くらいの結婚パスポート)なんぞあったら楽しいかも?  え? 疲れる?  同感。


■10月11日(火)  〜見世物〜
長女の友人が、私に会いたがっているという。 フッフッフッ、渋みのきいた中年の魅力に、女子高生めクラリときおったか。 かっかっかっ。 エ? お父さんだけじゃない? お母さんにも会いたい? ハ?弟にも会いたい? 何じゃそりゃ! け、結局家族全員に会いたいという事か? 「そう」と娘はうなずく。 そんだけ背の高いアンタが一番小さいというアンタンチの家族に会ってみたい、んだって。  見世物かっ、ウチは。


■10月12日(水)  〜TV見ながら墓穴掘る〜
店主:お〜懐かしいなあ〜この映画。 なあ母さん、20年ぶりくらい
    じゃないのー。
女将:エ〜、見たことないよこんなの。
店主:何言ってるの、ホラ〜 テアトル○○で昔・・・(ここで間違いに
    気づく店主)
女将:見てないってばあ〜 (ここで怪しいと気付く女将)
    《心拍数と汗の量が一気に増える店主》
店主:あ!あ!え〜と、そうだ、そうだよ、あのう〜 ニューヨーク
    からの帰りの便でやってたんだ。 ア〜そうか、そうだったの
    かあ、あ、あははは。 早口の英語でゼッンゼンわからん
    かったよなああ。 あはははは、は。 (妙に乾いた笑い)
    《その昔、添乗員であった事に感謝する店主》

女将:フランス映画ですけど、コレ。 (-o


■10月15日(土)  〜永遠の命〜
歳を重ねるごとに、早くは死にたくないと思うものだが・・・。 人間は子供さえいれば、遺伝子が永遠につながる可能性があるのだから、大腸菌のように自ら細胞分裂してクローンを作っていくのではないのだから、そんな意味で「永遠の命」を頂戴しているのかもしれない。 そう考える事にしている。  ん〜それにしても我が息子や娘が私の遺伝子を持っている? というのがど〜してもなんだか理解できない。 私の遺伝子を持っているのなら、もうちょっと不真面目でぐうたらに生きてもよさそうなモンだが・・・。 え?アンタだけの遺伝子じゃない? アンタのは、確率的に半分? さよか。


■10月17日(月) 〜腕時計〜
先代店主は、腕時計が好きである。 それも最新式が大好き。 今は、ソーラー発電に電波時計が一緒になったのがお気に入り。 とにかく新しい物には目がない。 先代女将(これは古い)の目をかいくぐって買ってくる。 時には息子や嫁に買い与えておいて、自分が一番高いのを買う。 すると玉突きで子の腕時計は孫の物になる。 かくして我が一族の全員の腕時計は爺ちゃんがプレゼントしてくれた時計となるはず。 あと30年先には、一族皆で腕時計を見ながら、先代を思い出すのであろうか? 私も見習って、皆にプレゼントしよう。 携帯電話だとか・・・ 待てよ・・・新しいのが出たらアウトじゃん。  結局、一番のプレゼントは形にならないもの「勇気や愛情や誠意」。 それを大事にプレゼントしよう。 私たちが先代からもらったように。


■10月19日(月) 〜歳をとる〜
学校時代の同窓会なんぞ行くと、男どもの話題は、腰痛・薄毛・精力減退・中性脂肪・コレステロールに親の介護おまけにトイレの切れ(意味不明な方はお父さんやお爺ちゃんに聞きましょう)など。 まだ、孫の話しまでは出ない。 そういえば最近、立ち上がる時にヨイショと無意識に言うし眼鏡屋で検眼するときは、店員さんが何も言わなくても新聞を持ってきて「見ろ」と言う。 最初から老眼を疑うなっちゅうの。 なあるほど、人はこうやって歳をとっていくんだあ。 と最近面白おかしく自分観察している。 あなたが年齢を感じるのは、どんな時?


■10/21(金) 〜背中とお尻の間〜
女将と展示会の準備に言ったときのこと。 あちらこちらで働く若い女性のお尻の上のほうから腰のあたりが皆見え隠れしている。 近眼の店主は一瞬訳がわからずきょとんとする。 やがて壊れたロボットのように、首が右左に動いてお嬢さん方を追い始める。 おい、と女将に聞く。 最近皆あんなんか? 女将が言う、浜崎あゆみあたりからこんなになったんよ。 ほ〜っ、で、でもよろしいんじゃないのお、と相変わらず首を激しく左右に動かしながら店主ニヤケテ答える。 でもお〜とさん。女将が言う。 自分の娘があんなみっじかいジーンズはいてたらド〜スル〜? 思わず我に返って仕事に専念する店主。


■10/24(月) 〜不良債権〜
銀行の不良債権の処理もようやく終わりそうだそうで、景気も上向くんだそうである。 なんで不良債権がなくなると景気がよくなるのか、和食器屋夫婦にはさっぱりわからない。 女将にしてみれば、歳と共にぐうたら動きが鈍くなる夫の不良債権化の方が気にかかるようで、これを「家庭内不良債権」と呼ぶそうである。 住宅ローンを返さないうちに退職して(させられて)しまったお父さんも陰では同様に呼ばれるそうで、身につまされて、他人事とも思えん・・・。 と、ともかく特別損失で計上されたりしないよう、毎日運動・睡眠・飲酒・金魚の世話はキチンとやるように努めている


■10/26(水) 〜腐らないミルク〜
コーヒーを飲もうにも胃が少しもたれるので、ミルクミルク(正確にはクリーム)・・・と冷蔵庫の扉から出てきた小さな密閉カップに入ったミルク。 にゅると上の蓋を剥がして・・・アレ?出てこない、ん?・・・ギョエ!固まってる。 ということは、もしかして腐ってる?  恐る恐る匂いを嗅いでみる・・・い、いやクリームの良い香り。 仕方ないので、牛乳入れてカフェオレ楽しみながら考えた。 普通は腐るよな、分離するよな、でも良い香りの半透明のゴムに変身してたもんな。 匂いは多分香料だろな・・・。 それから後、店主はファストフード店やファミリーレストランのカップ入りミルクに手が出せない。 腐らない合成樹脂を体に入れてるような気がしてならないのだった。

■11/01(火) 〜ステテコの季節〜
いやいや、せめてズボン下、いや、やはりタイツと呼ぼう。 ところがステテコドッコイ(なんと、このお囃子がステテコの語源らしい)、店主はあのピタッとした感触が大嫌いだからやはりヒラヒラしたステテコが大好きなのだ。 夏の蝉しぐれのなか、麦わら帽、首にはタオル(〜温泉旅館などと書いてあるとなお良いですな)、団扇を片手に過ごすのを理想としているのであるからして、冬は当然、と〜ぜんラクダの股引かと思いきや、やっぱりステテコのようにヒラヒラして肌にまとわり付かないのが良い。 寒くなるともうすぐ店主のステテコの季節がやってくる。


■11/04(金) 〜金と暇と健康〜
最近体重が増加気味という事もあり、久しぶりに昼間っから銭湯(スーパー銭湯)に行く。 ん〜極楽極楽と露天風呂につかる。 フト周りを見ると、なんとお年寄りばかりではないか、あらあら・・みんな極楽顔しちゃってぇ〜。 口開けたまんまやウツラウツラしてアブナッカシおじいちゃん達がぐるり露天風呂を囲むように並んでいる。 一瞬、ここは極楽浄土かいなと錯覚しそになりながら、これではイカンとサウナに4回以上入ってフラフラになりながら家に帰ってビールをグビリ。 ップハァ〜〜 やっぱり美味しい。 一緒に何か食べないと体に悪いからぁ〜・・・オッ!イカ明太にチーズもあるではないか。 女将もいないしぃ〜♪  体重は、たちまち元に戻る。 お金と時間を使っても、意思がよわっくて健康がつかめない典型例である。


■11/07(月) 〜羨望〜
イテテテテ・・・。 痛い腰をさすりながらふと隣を見ると、金魚がふわふわと泳いでいる。いいよなあ・・・お前達、腰痛くなくて。 だいたい金魚に腰なんてえものぁ見当たらない。  実家に帰ると妹犬のジュン(写真左の左)が駆け寄ってくる。 いいよな・・お前4つ足だから・・・。  そういえばこのあいだのスペースシャトルも無重力で羨ましかったなあ・・・。 「あら、この間は別な理由で羨ましかったんやないの?」と女将。 そうだった、昼と夜の区別がはっきりしなくて長く寝てられるから羨ましいだった。

■11/10(木) 〜ギター〜
最近は目が疲れるのと腰にくるので、好きなギター(アコースティック)もなかなか楽しめない。 昔は弾いていると、まだ幼い子供達が寄ってきて必ず弦に手を出して邪魔してたっけ。 あん時教えときゃ今頃はガンガン弾いてただろうに・・なにせ二人とも女将に似て指が長いからな。 で、結局二人とも体育会系。 まあ、丈夫で長持ちが一番だからと自分に言い聞かせながらも少し寂しい父であった。
私の友人が〒813の地区でベース(エレキ)奏者を探してます、もちろんアマチュアで〜す。 ポップ・リズム&ブルース系が好きな方が良いそうです。 ご連絡を。  ところで私の愛器、サイトのページに登場してます。 ふふふ。


★11/15(火) 〜仕事しろ〜
髪振り乱して出荷作業する月曜火曜(←少しウソです、振り乱す髪、かなりありません) 火曜日の午後遅くあたりからようやくサイトを見たり、お返事を書く余裕が生まれる。 週末から週明けにいただくお便りのお返事が遅くなり、本当に申し訳なく思っております。 え?そんな事書いてる暇があったら、早く返事しろ? もっともです。


★11/17(木) 〜ボジョレと酔っ払い〜
たまには軽めのワインも良いかと新酒をいただく。 強くもないのにスイスイ飲めるもんだから、たちまち酔いが回る。 おお〜っ女将が若く見える。お前そんなに若かったか? おとーさん、だいぶ酔ったんじゃあないのおん。 アタシ馬鹿じゃないよん。 いや馬鹿だったかじゃなくて、若かったかと言うたんや。 だからぁ〜馬鹿じゃないって。  酔っ払いどうしの止め処もない会話は、娘にしっかり聞かれていた。 そういえば昔、幼い娘が言ってたっけ、「お父さんあんまりビール飲んだらダメよ、頭ばかになるんだから」 小さな子供には、酔っ払いはただの馬鹿に見えるらしい。


★11/22(火) 〜感無料〜
ピンポ〜ン・・・「こんにちはぁ〜」。 ・・・また勧誘かぁ? ハイハイなんでしょ? 「○○乳業ですがぁ、乳飲料の宅配しとります。ただいま無料試飲をしていただいとりますっ! いかがすか?」  はあ?と言いながら無料の言葉に、卑しく手が出て受け取ってしまう店主であった。 と〜さんっ!なんで受け取ったのお〜 ほらやっぱり女将に叱られた。 牛乳くらい自分で買いに行きなさいな〜。 なんで俺がぁ・・・。


★11/24(木) 〜親馬鹿子賢〜
我が家の猫の額のような駐車場は、ドアミラー(バックミラー)を折りたたんでいないと とても狭くて駐車できない。 道路へ出て走りながらからウィ〜ンとミラーを広げる事になる。 親に似ず 妙に几帳面な長男が (父親に似てないだけ:女将) それを注意する、公道に出たらすぐ広げろと。 いやいや、ジェット機だって離陸したあとで足を引っ込めるだろ、それと同じでカッコイイじゃんか。 と、訳のわからない言い訳をする私。 親がいいかげんだと子がしっかりしてくる?。


★11/26(土) 〜ハリーポッター〜
テレビでハリーポッター(賢者の石)を見た。 もちろん映画館で見てるので2度目になるのだが見事に忘れているので新鮮。 それに驚いたッ! 内容じゃなくてCMの多さ! 1カットごとに入れてんじゃないのと言いたくなるくらい。 自分がタダで見ているのを棚に上げてプンプンする店主だった。 TV番組はスポンサーで成り立ってるんだぞっ!と思い知った映画鑑賞でした。


★11/29(火) 〜明るさは幸せを〜
昨日、久しぶりにKeiさんとお電話。 いつも素敵な(ウマソナ)ブログを楽しませていただいている。 明るいなあ〜、楽しくお話させていただいた。 程なく長女が帰宅した。 ウルウルしながら・・・。 推薦入学の合格通知だった。 努力が実り、少しだけ早く栄養学への途が開けた娘にそっと拍手をする父であった。 Keiさんの明るさが幸せを運んでくれたような気がする。 感謝。  そして今朝、郵便ポストには長女宛に自動車学校からの案内状。 思わず女将と苦笑いであった。


★12/01(木) 〜クーポン怖い・嫌い〜
女将はクーポンが好きである。 ドーナツやピザや衣料品から雑貨までなにから何まで揃えてある。 新聞の広告などについている自分でハサミで切り抜いて使う10%割引とか○○プレゼントなどのアレである。 うっかり自分ででシャツを買ってきたら、ため息と共に叱られる「お父さん、このクーポンを見せると○割引だったのにいっ!」 最近馬力の衰えを感じる店主は、なす術もなく引き下がる。 ヴ〜ッ この世からクーポンなんて無くなれっ!


★12/05(月) 〜フィギュア?〜
いやいや〜毎度スンバらしい眺め。 いいね〜〜。 店主は女子フィギュアが好きである。 誰ですか、人形好きのオタクなどと言っているのは。違います、フィギュアスケートです。 お人形さんみたくカッワいい選手がトリプルアクセルで尻もちなんぞつこうものなら、アッと口元に手を当て眉間に皺を寄せて悲鳴をあげるのです。 女将に幸せな男だと言われますが、見てるほうは真剣なんですから。


★12/07(月) 〜テレビと子育て〜
3歳半の子供3人に1人が、毎日3時間以上テレビを見て、午後10時以降に寝る(厚生労働省調査)んだそうだ。 店主の計算だと1日3時間テレビを見てると、1日10時間睡眠の子は、1年のうち実に2ヶ月半以上を起きてる間テレビと過ごしている計算になるから恐ろしい。 とはいえ、子育て中の方にとって子供がテレビやレコーダーを見ている時は、眠っている時以外に取れる唯一の休息なんじゃないかな。 いやいや、子育ては本来1人でやるもんじゃない。夫婦・じいちゃんばあちゃん、お隣のお母さんおばちゃん おじちゃん・・・。 どうも、問題の根っこは、その辺にありそうな気がする。


★12/10(土) 〜不平等〜
リアル店にもお母さんやお父さんに連れられて時々可愛いお客様が来店する。お相手は女将が多い。店主は怖がられる。 少しつらいけど可愛い。 考えてみれば私達中年が正真正銘の老人になる頃、この子らの払う税金や保険料が頼みの綱なんである。 現在、社会保障給付金の約70%を医療や年金などの高齢者向けに支出して、児童手当など子育て向けはたったの4%しか使っていないんだそうで、目を覆いたくなるほどの不平等。 つまり高齢者の方が選挙での投票率が良いから手厚くしているとの噂だが、本当だろか。 でも一番困るのは、この子供らと私達30〜40代なんである。「無関心」が許されないほど、切羽詰っているような気がする。


★12/12(月) 〜細く長いお付き合い〜
長女は読書が大好き。 受験勉強から早くも開放されたというのに、浮かない顔をしている。 何でも、ようやく片っ端から読みたかった本を読んでいるのだが、だんだん読みたい本が少なくなるからイヤダという。 何じゃそりゃ。 美味しいご馳走食べて、だんだん満腹になっていくからヤダというのと同じじゃないか。 そういえば昔、「買うのはイインダケド、だんだん楽しみが無くなっていくようで恐い」と言ったお客様がいたっけ。 買い物も読書も、何でも少しずつ長く楽しむのが秘訣?。


★12/16(金) 〜ファンヒーター〜
我が家のダイニングの暖房はガスファンヒーターである。 店主の腰痛が原因で灯油缶さえ持てなくなったから、というのは真っ赤な嘘で、単にぐうたらなだけ。 石油ファンヒーターの時は、商売柄平日の昼間のクソ寒い中、セルフのガソリンスタンドでジョーッと自分で灯油を容器入れてると、リタイアした風の年配のおじさんがとなりでジョーッ。 お互い目で意識しながら、 いや!俺はまだ現役バリバリで暇を見つけて給油に来てるんだッと、いくら胸を張ってもやってる事は同じ 「ジョーッ」 (こういう見栄を張りたがるから、男は馬鹿だと思う)。 なんだか「哀愁のガソリンスタンド」てな感じだった。 かくして今は、背中を丸めて裏口でヒーターのタンクに給油作業をする必要もないし、別にガス会社には縁もゆかりも借りもないけれど、ぐうたら亭主には本当に快適な暖房生活なんである。


★12/18(日) 〜まおちゃん〜
やった〜!♪ まおちゃんが優勝だあ! え?フィギュアスケートです。浅田真央ちゃんの事です。 え?オマエ誰だっていいんじゃないかですって? と〜んでもない。 村主(スグリ)さんも大好きですよ。 女将はミキちゃん(安藤美姫さん)応援してますが、今回は少し残念。 店主はその演技や姿形だけでなくその選手から受けるホンワカした雰囲気が大好きなのです、って要するに自分の好みをひけらかしているだけか。 インタビューで負けん気がにじみ出ているようなのは少し苦手。 ひょうひょうとしているまおちゃんに拍手! すいません個人的で。


★12/22(木) 〜歳祝〜
我が家では、誕生日にはちゃんとケーキを買ってロウソクを吹き消す。先日は女将の誕生日。 毎回「ハッピバ〜スデ〜ツーユー♪」では面白くないので、長女が幼稚園時代に覚えてきた歌を歌うことにした(当の本人はとっくに忘れている)。 「今日は○○ちゃんのた〜んじょ〜び〜♪ み〜んな〜で集まってぇ♪一緒におめでとお〜。 い〜くつ、い〜くつ、いくつになったーのー。 歳のか〜ずだけ手を叩こ〜。 (勿論、幼稚園でも、ここで可愛い歳の数だけ可愛い手を叩いていた)。  かくして女将がロウソクを吹き消す前には、自ら耳をふさぎ、家族の拍手は無情にも鳴り止まないのだった。


★12/24(土) 〜文化〜
世界各地からアクセスしてくださっている皆様、メリークリスマスです。今年は国内でも、日本海側の各地でホワイトクリスマスなのではないだろうか。 ところで店主はクリスマスが近づくとなんだかソワソワする。 クリスチャンではないのですが、何故かソワソワ。 よ〜く記憶をたどってみると、幼稚園がクリスチャン系であった。 先生もシスターへレナにシスターザベリア。 ミツゴのタマシイとはいうが、どうもその頃のソワソワが今も心の中でしっかり根をはっているようだ。 お正月の料理や初詣など、すべてが心の中に染み付くもの。 それを文化と呼んでは大げさかしらん、などとケーキをほおばりながら思うイブの夜であった。


★12/26(月) 〜病院〜
多忙になると腰が思わしくないので鍼灸院に行く。 悪い痛い熱いとわがままを言っていると、院の経営者(シアトルマリナーズに行く城島捕手の専属トレーナー)ご夫妻に医者に行くよう薦められる。(もてあましたのかもしれない) で、ついにレントゲン・MRIなど半日近く大きな病院で過ごすはめになる。 紹介があるので待遇は良いのだが、周りは病人ばかり(自分も病人のクセに)で、帰る頃にはすっかり気分は病人で食欲もがた落ち。 病院は必要以上に長く居てはいけないと痛感した一日でした。で、腰の方はというと、ヘルニアや悪性肉腫などナシ。 トレーナー夫妻と担当医師に感謝しつつ、安心してまた鍼灸院の我がままな患者となる。


★12/29(木) 〜年の瀬〜
本日、お店はお休みなのですが、大掃除しながら、出荷作業しながら、年賀状書いてます(←ほとんどアタシが書くっ:女将)



おとなの和食器屋■少しだけ贅沢な和食器店 トップページへ 0120-987-139 
(10:00〜17:00 日曜祝祭日を除く)

大 皿 中皿・長皿 小 皿 飯 碗 急 須 グラタン皿 酒器やお重など 醤油注し ガラス食器
大 鉢 中鉢・丼 小 鉢 カップ 湯呑み スープ皿 スプーンやフォーク テーブル小物 インテリアなど